2012年10月28日 (日)

お知らせ

ご訪問ありがとうございます。管理人のJWCですが、ただいま活動休止中であります。しばらくの間お休みいたします。いつかまた再開したいと思いますが、いつになるやら予測がつきませんです。各記事についてはそのまま閲覧もコメントも出来るようにしておきますが、レスポンスは遅くなると思いますので、どうぞご容赦くださいませ。

|

2009年11月 2日 (月)

CANON AE-1

キヤノンAE-1を入手しました。チェックしたところ動作は問題ありませんが、モルトの劣化とファインダーの汚れがありました。今回はファインダーの清掃と前板を外してアイピース下のモルト交換、まだ発生はしていませんが「鳴き」の対策をしたいと思います。

20091102_01

AE-1は市販の分解本がお手本になりますので、電装がありますが注意事項を守りながら手順通りにやればそう難しくはありません。手順は「学研 よくわかるカメラの改造と修理」「技術評論社 ジャンクカメラの分解と組立にもっと挑戦」を参考に行います。前者はAE-1の持病ともいわれる鳴きの修理、後者はAE連動糸の修理方法とプリズムをおろす方法、それから前板を外す方法が紹介されています。

20091102_02

トップカバーを外すと、このような状態になっております。丸数字の部分を外すのですが、多少前後してもOKですが私はこの順番で外しました。半田コテがリード線などに干渉せず外しやすい場所からということになります。ちなみにリード線の色と位置は本に掲載されている通り同じでした。

20091102_03

左肩の可変抵抗部分です。トップカバーを開けた状態での位置を参考にしてください。

20091102_04

こっちは右肩の巻き上げレバー部分です。白い円盤がありますが本のは黒いので、年代によって多少改良がくわえられているものと思います。ちなみにこのボディは比較的後期の部類のようです(SNo.406****)。

20091102_05

アイピースの部分ですが、アイピースの清掃だけでしたら、上画像のように行えば出来ます。AE連動糸を外さなくても出来そうですが、これも本に書かれていますが、糸を切ってしまうリスクがありますので、やっぱりAE連動糸を外して行った方が良いでしょう。

20091102_06

前板を外しました。画像の場所にモルトが使われていますので、新しいものに交換しておきます。また鳴き対策でギアに希釈オイルを注油しておくのも忘れずにですね。

20091102_07

プリズムをおろしてプリズムとコンデンサーレンズを清掃しておきます。メーターに注意しながら行いましょう。

今回スクリーンとコンデンサーレンズの隙間は綺麗でしたので、これ以上分解はしませんでした。清掃する場合はたぶん枠のビスやメーターを外す必要があると思います。メーターの針は最重要な場所ですので曲げたりして壊さないようさらに注意が必要です。

ここまで出来たらあとは逆順に組み立てればOKなのですが、私は一回前板の組み付けに失敗して、巻き上げが何度も出来てシャッターが切れなくなってしまいました。もう一度分解して巻き上げの状態を確認しながら組み立てOKとなりました。ポイントは前板を組んだ時に巻き上げレバーを借り付けして巻き上げをチェックしてみることです。何度も巻き上げ出来るようですとNGです。一回巻き上げるか巻き上げした状態であれば巻き上げ出来なければOKかと思います(コメント頂きました方が前板の組み込み方法をご紹介されています。私はまだ挑戦していませんが組み込みの参考にコメントをご覧ください)。

20091102_08

前オーナーによると高校の時にバイトして買ったカメラだそうです。私も当時はこのカメラに憧れたものです。綺麗になったこのカメラで何か撮ってきましょう。

| | コメント (13)

2009年9月 9日 (水)

NIKON Nikomat FTN

露出計やシャッターなど基本的にはきちんと動作するのですが、モルトの劣化、ファインダーのカビ、底カバー三脚ザ付近の歪み、トップカバーの一部へこみなどがあり、扱いとしたらジャンク品となります。

20090909_01

20090909_02

20090909_03

20090909_04

20090909_05

ニコマートFTNの分解は市販の本(やさしいカメラ修理教室 大関通夫著 クラシックカメラ選書、または、やってみよう!カメラの修理&メンテナンス 大関通夫著 ジャパンホビーツール)に詳しく解説されていますので手順は割愛します。特に難しい個所はありませんが、組み立て時シャッタースピードを1/125sにセットするとか知らないと大いに悩むと思われる個所がありますので、分解前に一度最後まで読んでおいた方がよいでしょう。

ちょっと本では解説していない部分などを載せておきます。

20090909_06

(1)上画像はファインダーを構成するユニットの外枠です。分解本ではこの部分は取り出していませんが、この枠を取り出すと見えない部分のモルトを交換できるので実行しました。ファインダー内にシャッタースピードを表示するフィルムがあり、それが糸でつながりシャッターダイアルと連動しています。枠を取り出す際、下手をすると破損するか糸が切れてとっても悲しいことになりますので、細心の注意を払いながら行います。我慢できればそのままにしておきましょう。あと各ビスの下にはスペーサが入っていますので、スペーサは厚みが違うかもしれません。元の位置に復元できように場所をきちんとメモしておいきましょう。

20090909_06_1

(2)クイックリターンミラー受け部分のモルトサイズが解説本と違いがありました。解説本はミミの左右が2mmとなっていますが3mm以上必要です。朽ちたモルトを取り除く際の寸法はさらに大きく4mmほどあるようです。2mmですとマウントと同径のカーブに乗り上げてしまいます。もしかすると個体差があるかもしれませんので、貼り付ける前に確認しましょう。

20090909_06_2

(3)ミラーボックスの組み付けですが、分解本にある通りに行いますが、何度やっても前板が少し浮き上がります。仕方ないのでビス2か所を緩めに借り止めして、巻き上げレバーを取り付けてゆっくり巻き上げてみると、少し抵抗があったのち前板がしっくり収まりました。本来は必要ないかもしれませんが、うまく組み付け出来なかった場合の一つの方法かと思います。ただし部品を破損したりすることもありますから無理は禁物です。

20090909_06_3

(4)分解本では部品の傷を避けるためセルフタイマーを外さないで作業するため、張り皮を全てはがさずビスの部分が見えるだけめくっています。私は張り皮の汚れを綺麗に落としたいと思ったので上画像に書いてある通り、切れ込みを入れて張り皮をすべてはがし、洗剤に潰て綺麗に張りなおしました。

以上4点です。

あと参考に少し画像を貼り付けておきます。部品の位置や配線の参考です

20090909_07

(1)ファインダーブロックを分解したものです。左下がスクリーンで、中央下がシャッタースピード表示窓、右下がコンデンサーレンズです。左上の枠にスクリーン、シャッタースピード表示窓、コンデンサーレンズの順で入ります。

20090909_07_1

(2)ユニットを組み込んだところです。ビス3本で固定されますが、それぞれ下にスペーサが入っています。それから上の左右のビスは緩く借り止めとしておきます。

20090909_07_2

(3)ボディのフレームです。シャッターユニットを外すとこれだけになります。カビやモルトカスがある場合は清掃しておきましょう。

20090909_07_3

(4)シャッターユニットです。EOSのシャッターと違いゴムダンパーはありませんので、シャッター幕が汚れてなければ、このままにしておきましょう。画像左の機械部分は触らない方が無難でしょう。

20090909_07_4

(5)シャッターユニットを取り付け、巻き上げ基板を取り付けます。

20090909_07_5

(6)巻き上げ基板を取り付けつ際、上画像の右側にある部品が画像のようになっていないといけません。

20090909_07_6

(7)配線の参考です。個体差があるかも知れませんので、分解時にメモをとっておきましょう。

20090909_07_7

(8)X接点は青、M接点は茶のリード線です。それからアイピース上の基板の配線です。分解時、矢印のリード線を外します。

こんなところでしょうか。

20090909_08

モルトもすべて張り替え、ボディのへこみを修正して、全体を磨いてメンテナンス終了。あとでフィールドで使ってみましょう。

○使ってみましたので試写を追記します(2009/09/26)。

http://junkworldconn.cocolog-nifty.com/photos/gallery_nikon/jwc_test_20090926_nikomat_ftn_01.html

http://junkworldconn.cocolog-nifty.com/photos/gallery_nikon/jwc_test_20090926_nikomat_ftn_02.html

写りに特に問題はありませんが露出計が少し暴れ気味です。撮影時にあれっと思ったので巻き上げレバーを操作すると安定したので、この辺りに問題ありそうです。

| | コメント (16)

2009年5月31日 (日)

LOMO LUBITEL 166

20090531_01

ロモのルビテル166です。シャッター系は特に問題なさそうですが、全体的に薄汚れ光学系はカビカビです。さらにシャッターユニット全体が傾いて少々ぐらついています。今回はこれらを改善してみます。

20090531_02

ファインダーを取り外します。ビス3本で固定されています。ファインダーを外すとスクリーンも兼ねたコンデンサーレンズも外れます。外したコンデンサーレンズを清掃しておきましょう。

20090531_03

コンデンサーレンズを置いている枠も、いっしょにミラー(ちょっと割れてますね)も工具なし取り出せます。非常に簡単な構造です。

20090531_04

まずビューレンズを無限に合わせて、テイクレンズとのギアのかみ合わせ部分をマーキングしておきます(なお今回のボディはテイクレンズ(シャッターユニット)の鏡筒が傾き無限が出ていないようでしたので、一応はマーキングしましたが、結果はずれていました)。

次にフィルムゲート内からてテイクレンズ(シャッターユニット)を固定しているリングを外します。切り抜き部分の幅があるので、ラジオペンチなどの代用工具でも簡単に回せそうです。

20090531_05

シャッターの前後の面のカビの除去は前玉ユニットを分離することになります。まず前玉ユニットの無限位置と同様にシャッターユニットにもマーキングしておきます。そして回転させていくとマーキング位置から2回転と1cmほど行ったところで分離されます。この位置が清掃後のねじ込み位置になるので、必ずマーキングしておきます。

外れるとシャッター前後のレンズ面が清掃できますので綺麗にしておきましょう。シャッターが汚れているのが気になる場合は、破損の心配があるので見える範囲だけベンジンを少量綿棒につけるなどして撫でる程度にしておきます。

20090531_06

後玉は画像の上側の矢印の金具で固定されています。これを矢印部分の溝に精密ドライバーなど差し込んで金具を持ち上げます。そのままだと飛んで行ってしまうので指などで押さえます。レンズにも傷をつけないように慎重に作業します。外れたらレンズの両面を清掃しておきます。下側の矢印のビスは緩んでいたので、同様に他2本も締め直しておきました。

20090531_07

ビューレンズの方は本体に取り付けたまま清掃できますので、外す必要はありませんが、ビューレンズの無限が出ていない場合は、画像の矢印のイモネジを緩めるとビューレンズを緩めることができます。

20090531_08

さて綺麗になったところで組み立てますが無限の調整をしないとなりませんね。とりあえず室内で出来る簡単な方法で調整してみます。

(1)ビューレンズを無限位置ではなく少し手前に合わせておきます。(2)次にテイクレンズ(シャッターユニット)をマーキングしておいた無限の位置で取り付けます。(3)裏蓋をあけてカッターナイフの刃をフィルムガイドレールに橋渡しで傾斜を付け貼り付けます。傾斜をつける理由はカッターナイフの刃は両刃なのでエッジを立てないとわずかにゲートとの間に隙間ができ無限がでなくなるためです。(4)フィルムゲート側からライトボックスなどを使って光を当てます。(5)一眼レフに100mmほどの中望遠レンズを取り付けて、テイクレンズ(Bでシャッターを固定)の前玉からカッターナイフの刃が見えるように覗きこみます。このとき一眼レフのレンズも無限にしておきます。(6)ビューレンズを回転させ、カッターナイフの刃が最もシャープに見える位置に調節します。(7)その位置を動かさないように固定(記録)し、シャッターユニットの固定リングを緩め、ビューレンズを無限位置にして、再びテイクレンズとビューレンズのギアをかませれば、これで無限調整は終了です。

箇条書きにすると難しそうですが、実際やってみるとそうでもありません。この方法は二眼レフ以外でも使えるので、こういった簡単なカメラで練習しておくといいと思います。

20090531_09_2

さあこれで完成しました。またあとで試写してきましょう。

○使ってみましたので試写を追記します(2010/03/31)。

http://junkworldconn.cocolog-nifty.com/photos/gallery_niganref/20100331_01.html

写真は645マスクを使用してのものです。途中で巻き上げが超重くなり無理やり最後まで撮ったのですが、その後巻き取り困難になり蓋を開けてフィルムを取り出し手で巻き取りしました。光線引きがありますが、これが原因なのか斜光に問題あるのかは不明です。写りに関しては大丈夫なので残念ですね。

| | コメント (0)

2009年4月28日 (火)

CANON EF ファインダー清掃

ジャンクのキヤノンEF。裏蓋が開かず、アクセサリシューの金具欠品、ファインダー内に多数のゴミ、ボディの凹みなど、確かにジャンクとしか扱えない代物ですね。ただ電池なしですがシャッターは快調に切れてますので、裏蓋をなんとかすれば写真は撮れそうと判断し入手しました。

20090428_01

裏蓋はヒンジ側の軸を押しこみ、巻き戻しノブを持ち上げたらあきました。観察してみると、なぜか裏蓋に歪みがあります。これを手で矯正して少し渋いですが開くようになりました。そしらた何とフイルムが出てきました。巻き戻してあったのですが、前オーナーは取り出せなかったようです。何が写っているか・・・前オーナーには申し訳けありませんがフイルムは感光させ処分させて頂きました。ご容赦を。

さて電池を入れて確かめると露出計が動きます。シャッターもOKなのでファインダーを綺麗にすれば十分フィールドで役に立ちそうです。ということでトップカバーを開けて清掃することにしました。

20090428_02

20090428_03

20090428_04

(1)巻き上げレバー(2)巻き戻しクランクとISO感度ダイアル(3)キャッツ切り替えスイッチ、トップカバーのビス6本を外し、トップカバーをゆっくり持ち上げ外します(ネジ類の逆ネジはありません)。なおシャッターダイアルはB位置にてオープンしました(ギアの位置を再現できればどこでもよさそうですが)。

20090428_05

アイピースを外します。

20090428_06

ペンタ部に基板があります。プリズムを下ろすためにはこの基板を剥がさないとなりません。

20090428_07

20090428_08

20090428_09

画像のリード線を外します。6本あります。あと画像に記述していませんが、キャッツ切り替えスイッチからリンクするレバーを外しておきます。

20090428_10

プリズム押さえ金具を外します。私は誤って片方のスプリングフックを破損してしまいました。外すときまたは取り付けるときに注意が必要です。なお破損したものは取り付けられないので、金具自体にピンバイスで1mmの穴を開けて引っかけられるようにして対処しました。

20090428_11

アイピース付近の左右のビスを外すと上の画像のようにベースごとごっそり取り外せます。

20090428_12

プリズムを取り出します。スペーサも入っていますので、左右どちらに入っていたかメモしておきます。

20090428_13

プリズムが乗っていた枠を外します。画像の左下の金具はキャッツ切り替えスイッチのリンク金具です(この時点で外したものではありません)。

20090428_14

この時点でメーターが見えますね。次にコンデンサーレンズとスクリーンが入っている枠を取り出しますが、このメーター類に気をつけないといけません。また最大の問題が枠を固定しているビス3本ですが、これを外すとピント(無限)位置が狂うことです。コンデンサーレンズのみ掃除でOKの場合は、これ以上の分解はやめておきます。

今回はコンデンサーレンズとスクリーンの隙間のゴミとカビがかなり多いので、無限位置が狂うことを承知の上分解することにしました。

20090428_15

取り出しは指針を避けるように片側から枠を持ち上げます。かなりデリケートな作業です。失敗して指針を傷めると情けないことになりますので細心の注意を払います。組み立て時も同様です。神経使います。

20090428_16

枠からコンデンサーレンズ、スクリーンを取り出します。まずシャッタースピード表示板をはがします。ゆっくり丁寧に。コンデンサーレンズとスクリーンを絞リ表示板とは反対側から持ち上げます。取りだしたコンデンサーレンズとスクリーンはビニールテープでとめられていますので、これを剥がし両者を分離します。すると上画像のようになりそれぞれ清掃できるようになります。

ビニールテープの再利用ができなくなった場合は、普通のセロハンテープを同じサイズに切って代用します。それから組み立て時に絞り表示板の突起を、ボディのそれなりの場所(見ればわかります)に入らないと連動がうまくいかなくなりますので注意が必要です。

20090428_17

20090428_18

清掃前と清掃後のファインダー画像です。ちょっと解像度が悪くわかりにくいのですが、まあまあ綺麗になりました。あとピントの問題ですが、組み立て時に中望遠レンズを取り付け遠くの風景を入れてルーペで観察しながら一番シャープな印象となる位置に調節してこれを無限とすることにしました。

20090428_19

あとは撮影してきちんと写るかが問題ですが、近日中に実写チェックしてみましょう。

それからアクセサリシューにはシューカバーを差し込みました。少々ゆるいのですが厚紙を挟んで抜け落ちないようにしました。ストロボは使わないことにしてこれをつけっぱなしにしておきましょう。

| | コメント (4)

2009年1月 5日 (月)

CANON NewFD200mmF4

インナーフォーカスタイプの200mm望遠レンズで距離によって全長が変化せずバランスのいいレンズです。また凹凸も少なくすらっとしてスマートで全長も短くコンパクトなデザインです。

20090105_01

さてこのレンズ、動作はすべて問題なしでピントリングや絞りリングもスムーズに動きますが、レンズにカビが盛大に発生しているジャンクレンズであります。それから各所スリワリやかに目に傷やタッチアップ痕(マジック塗り)がありますので、どなたかが分解されたようですね。

20090105_02

20090105_03

20090105_04

後玉側にもカビ。それにニュートンリングがみえますね。バル切れしているわけではないのでニュートンリングは特に問題なさそうです。

20090105_05

20090105_06

では前玉側から。レンズの銘板リングをゴムアダプターを使って外します。スリワリがあるのですが、レンズがすぐそばにあるのでゴムアダプターの方が安全です。

前玉はレンズサッカーで持ち上げると取り出せます。両面ともカビがすごかったです。2枚目のレンズはほんの少し端っこにカビがある程度で比較的きれいでした。2枚目の反対側の面は特に汚れてはいないので取り出さないでクリーニングしました。

前玉側は以上で終了、次に後玉側の掃除をしましょう。

20090105_07

後玉を外すにはマウントを分解せねばなりません。でもそんなに難しくないです。まずロックピンのある外周のビス3本を外し銀リングを抜きとると、絞り連動機構が取り出せるようになります。位置をよく確認しながらゆっくり抜き取りましょう。

20090105_08

ロックピンリングの取り付け固定ビス黒3本と銀1本を外します。これで絞りリングが外せます。注意点は絞りリングのクリックストップのスプリングと円柱形の小さな部品です。グリスが塗られているので飛んで行ってしまうとこはないと思いますが、念のためビニール袋などの中で作業すると良いでしょう。

20090105_09

上画像の部品を外します。これは台座と呼ぶのでしょうかよくわかりませんが・・・。ビス4本で固定されています。うち1本は青いプラ部品の下に隠れています。

20090105_10

後玉を取り外すのですがビス3本で固定されていてビスが錆びていて難儀しました。おかげで1本舐めてしまい仕方ないのでピンバイスを使って頭を削りました。組み立て時はこの部分にボンドG103を流し込んで固定しておきました。とりあえずは大丈夫でしょう。

2枚目のレンズはカニ目リングを外すとレンズサッカーで取り出せます。両レンズとも盛大にカビが発生していましたのでお掃除しましたが、コーティングムラがかなりできました。

20090105_11

カビはレンズだけでなく、上画像のようなところにも発生していたので、こういう箇所もチェックして汚れているようならお掃除しましょうということですね。

20090105_12

20090105_13

あとは逆順に組立完成なのですが、絞り連動機構の組み付けがちょっと捻りが必要かも知れません。文字通り捻りです(笑)。分解時の動きを観察しておけは問題なく組み立てられますので、メモ(デジカメでメモでも)しておくことをお勧めします。それから余分なグリスが染み出てきています。レンズマウントのボディ取り付け部分にも油が出ていたら、これも取り除いておいた方がよいです。ボディが汚れますのでね。

20090105_14

今となっては使うのが難しいレンズかも知れませんね。よい被写体を見つけて試写してきましょう。結果はまた後でUPします。

○前群の分解方法についてお問い合わせがありましたので参考資料として追記しますね(2009/01/16)。

20090116_01

フード下にあるイモネジ3本外し、イモネジの穴からシンナーやアルコールを注し緩み止めを溶かして筒をひねると、上画像のように分解できます。画像にみえているレンズは4群目(4枚目)。ここから1枚づつ外して3群、2群とアクセスするのと思われます(これより先は分解していません)。なお上の画像ではピントリングのゴムまで外していますが、その必要はありません。

ちなみに組み立ての際はイモネジの傷がある同じ位置まで正確にねじ込まないとピントが狂うと思います(っていうか組立後は無限調整が必須ですね)。この点分解前にご承知おきください。

○随分と時間が経ってしまいましたが試写しましたので追記します(2009/05/01)。

http://junkworldconn.cocolog-nifty.com/photos/gallery_canon/jwc_test_20090430_canon_nfd200f4_01.html

http://junkworldconn.cocolog-nifty.com/photos/gallery_canon/jwc_test_20090430_canon_nfd200f4_02.html

逆光でもゴーストやフレアは少なく、開放F値は並みですがボケも綺麗に思います。

○レンズが違いますが、旧FD135mmF2.5のマウント側の分解方法について、旧FD200mmF4の参考として追記します(2017/06/24)。あくまでも参考です。また実行の際は、機構や動作などよく観察、メモしたりしながら、細心の注意お願いします。

20170624_01

マウント側から後玉ユニットを外します。スリ割り(ユニットの一番外側です。遮光カバーに工具の先端が干渉するかも知れませんが、まあ構わずやってしまいました)に工具を垂直に当てて緩めます。下画像の上部分に外した後玉ユニットが写っています。ちなみに、この時点で前玉側の絞りの一番近いレンズ面が清掃(やりづらいかも知れませんが)できるようになります。

20170624_02

工具はクロスタイプです。力が入るように画像のように工夫しています。尚、上画像では、マウントの締め付けリングを取り外していますが、外す必要はありません。

20170624_03

マウントユニットを外しますが、ポイントはピントリングを最短側にすることです。そうすると、画像のように、ごっぞりと外すことができます。

ここで、前玉側のレンズ面を清掃しても良いのですが(後玉ユニットを外した所での清掃が無難ですね)、絞りがフリー状態になって、清掃中に一気に絞りが閉じて、清掃道具(綿棒やクリーニングクロスなど)が絞りに当たって破損する可能性があります。よくよく内部の機構を観察しながらでないと、取り返しのつかないことになるでしょう。注意してください。

あと絞りリングも外れやすいので、組み込まれているスプリングを傷めたり(下の追記画像)、スチールボールを紛失する危険がありますので、これも注意をお願いしますね。

○こうなってしまうと大変ですね。(2017/06/26)画像を追記します。

20170624_13

気付かず絞りリングをはめようとすると、スプリングを噛んでしまい、残念なことになります。こうなると、スプリングが着いた状態で組み込みが難しくなります。

○FDレンズの本(THE LENS)、FD135mmとFD200mmのページの一部から引用して掲載しておきます。(2017/06/25)

20170624_11

20170624_12

FD135mmもFD200mmも、おそらく後玉ユニットを外せれば、絞り直前の前玉側のレンズ面が清掃できるかと思います。割り箸など細長い棒にクリーニングクロスを巻き付けたものなどで清掃することになりますが、レンズの縁がクリーニングできるかどうかが微妙な所です。

| | コメント (20)

«SIGMA HIGH-SPEED WIDE 28mmF1.8II (MINOLTA AF)