« NIKON SERIES E Zoom 70-210mmF4 | トップページ | CANON A-1 露出計の調整 »

2008年1月11日 (金)

MINOLTA AF ZOOM 75-300mmF4.5-5.6 NEW

ミノルタの75-300、望遠ズーム。初代レンズに比べ軽量化とともに全長を短くしコンパクトに仕上げ、取り回しがよくなっています。ただその反面高級感が失われている気がします。

20080110_01

さて本レンズの症状ですが、動作的にはまったく問題なしの、レンズカビ発生のジャンク品であります。

20080110_02

20080110_03

前玉の裏側の縁に不快なカビ、後玉裏側にこれまた不快なカビ。大変に気になるもので、この状態ではとても使う気にもならず、ましてや他レンズと一緒にしまっては置けません。やはり可愛そうですので、お掃除してあげることにします。

20080110_04

ではまず前玉側から処置しましょう。前玉を押さえているリングを工具を使って外します。すり割りが4箇所ありますので、その何れかに工具を当てて廻します。結構きつく締めてありますので、空振りに注意しながら慎重に行います。一旦緩むとすんなり廻せますので、緩んだら竹串などを使って廻しましょう。

20080110_05

すると前玉ユニットが取り出せます。2群3枚構成で、カビは1枚目の裏側に発生して、このままでは拭けません。

20080110_06

裏返してみると、こちら側にもリングにすり割りがあります。ここに工具を当てて廻します。左手に持つユニットにはあまり力を入れないで、右手のすり割りに当てた工具に適度な力を入れて廻します。左手で強くユニットを握ると、ユニット自体が歪みリングが廻せません。これはフィルターを外すときと似ていて、フィルター枠を強く握ると枠が歪んで外れないのと同じです。ですので必要以上の力はいりません。

20080110_07

リングが外れると前玉ユニットから2群(2枚貼合せ)目のレンズが取り出せます。

20080110_08

前玉ユニットには1枚目のレンズのみ残っています。上画像のようにカビが発生しています。なんでこんなところにカビが出るのかな~と考えると、前玉が濡れて縁から胞子を含んだ水分がしみこんで、カビが繁殖する。と素人ながら、結構当たってるかもと思う次第であります(笑)。

20080110_09

カビをふき取り、外した2群目のレンズをユニットに取り付けました。綺麗になったでしょ。まあ厳密に言うとカビ跡もあるし、拭いたので拭き傷もあるし、拭きムラもあるし、埃も少し入っているのですが、カビてるよりは良いでしょう。

20080110_10

本体に前玉ユニットを組み込みました。う~ん美しいコーティングです。

20080110_11

では後玉の処置を行いましょう。電子接点のビス2本を外し、接点ベースの下に小さなバネが入っていますので、これを確保します。バネがはじけ飛ぶことは無いと思いますが、注意して取り出しましょう。次に、マウントカバーをとめている小さなビス3本を外し、電子接点を少し持ち上げ、接点のフレキに無理が行かないようにカバーを外します。

20080110_12

後玉ユニットのリングにかに目穴がありますので、工具を使って廻して外し、ユニットを取り出します。裏返してみると~やっぱりカビてます(笑)。綺麗にしましょ。

20080110_13

でもってクリーニング後組み立て。まあカビてるよりは全然マシになったでしょ。

20080110_14

これで完成。αSweetデジタルに付けて記念撮影。カビ掃除前と後で描写が変わったか・・・これがまったく分かりませんで(笑)。結果的には掃除してもしなくても、私レベルでは同じなんでしょうけど、カビは目に見えますから、やっぱり掃除したくなっちゃいます。

|

« NIKON SERIES E Zoom 70-210mmF4 | トップページ | CANON A-1 露出計の調整 »

MINOLTA」カテゴリの記事

カメラ」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
トキナーとミノルタのズームの後ろ玉にカビが生えてしまったジャンクを手に入れました。
多分両方2枚目だと思います。
ミノルタの方は、この記事でなんとなくはずし方が解りましたが、トキナーがいまいち解りません。
カニ目を探してもないし、どうやってはずせばいいのでしょうか。
ご教授よろしくお願いします。

投稿: まるちゃん | 2011年7月12日 (火) 01時53分

まるちゃんさん、管理人のJWCです。コメントありがとございます。

トキナーのレンズの後玉の外し方ということで、カニ目がないということですね。現在トキナーのレンズを所有していないので、参考にみることができないのですが、私の経験ではカニ目がない場合は、筒の分解から入る必要があるのではないかと思います。

キヤノンのレンズですが、本ブログに参考になる画像があります。FD80-200mmF4SSCをご覧ください。このレンズも後玉にはカニ目がなく、マウント側から筒を分解しています。上から4枚目の画像です。このような状態になって初めて後玉ユニットを分解できるようになります。

後玉ユニットの各筒がねじ込み式になっていて分離できます。ただケガキをしてか外さないとピント位置がずれる可能性があります。

このようにデリケートな部分もありますので、もしチャレンジされる場合は、各部品の位置関係などよく記録をとりながら作業を進めてください。また部品を外したら、また組み付けて復元できることも確認すると良いと思います。

頭の中に浮かんだものを書きましたので、あまり参考になななかったかも知れませんが、どうぞご容赦くださいませ。トキナーレンズ、掃除できるといいですね。がんばってください。

投稿: JWC | 2011年7月12日 (火) 08時01分

この記事へのコメントは終了しました。

« NIKON SERIES E Zoom 70-210mmF4 | トップページ | CANON A-1 露出計の調整 »