« PENTAX KX 露出計復旧 | トップページ | PENTAX KM とりあえず分解 »

2008年4月 6日 (日)

PENTAX KX ファインダー清掃ついで

露出計が復旧したので、今回は汚れているファインダーをお掃除することにしました。ついでにと言っては何ですが、朽ち果てたモルトが隙間から確認できるので、ミラーボックスまで外してモルトを交換することにしました。

では分解に入ります。KXはペンタ部にプリント基板と、ISO感度ダイアル下に擦動抵抗がありますので、この部分を外さなければなりません。

20080406_01

上画像はモルト汚れを除去する前のもので汚いですがペンタ部の電装です。参考のために外すリード線に番号を振りました。もしかすると個体ごとに違いがあるかも知れませんので、あくまでも参考までにです。

1.エプロン部へ行くリード線(絞りと連動する擦動抵抗)。2.メーターのリード線(黒)。3.シャッター部へ行くリード線(青)。4.メーターのリード線(赤)。5.シャッター部へ行くリード線(青)。6.ボディ下の電池ボックスへ行くリード線(赤)。これらのリード線をコテを当てて外しておきます(前オーナーがリード線を外して、プリズムを退かしたことがあるようです)。

シャッター部へ行くリード線は両方青なので、区別が付くように目印をしておきましょう。確認はしていませんが、同じ青線ですから区別しなくても良いのかも知れませんが。

20080406_02

ISO感度基板のビス2本、アイピースの基板をとめるビス2本、アイピース枠のビス2本、ファインダーブロックのプリズムを固定するイモネジ4本を緩めると、上画像のように電装とプリズムが取り外せます。ISO感度基板の下に、接点金具があるので、これも外しておきます。プリズムに朽ちたモルトが張り付いています。これを丁寧に剥ぎ取って、新しいのに交換しておきましょう。SPシリーズでは、これがプリズム腐食の原因物質です。プリズムの汚れもすべて除去して綺麗にしておきましょう。

20080406_03

前板を外すのですが、セルフタイマーをチャージしておくと組み立てが楽です。私はチャージを忘れて前板を外したので、セルフタイマーがジ~と動いて定位置より右に行ってしまいました。仕方なく組み立て時はペンチで突起を挟んでチャージさせましたので、少々突起に傷が付きました。

前板は5本のビスで固定されています。外す時はカメラを寝かした状態が良いです。この個体はフランジバック調整用のワッシャが1つも入っていませんでしたので、関係なかったのですが、SPなどではこのワッシャが入っていますから、寝かしてやらないとワッシャが落ちて、どの位置に入っていたのか分からなくなります。また前板に貼り付いている場合もありますので、よく確認してから裏返しましょう。それからセルフタイマー部に本体側と連結するカプラーが入っていますので、これを確保しておきましょう。また各所朽ちたモルトがありますので除去して新しく貼っておきましょう。

20080406_04

ファインダーブロックを外します。4本のビスで固定されています。メーターはこのファインダーブロックに固定されています。取り外し時にメーター針に触れることは無いと思いますが、慎重に作業しましょう。

20080406_05

ファインダーブロックを分解します。ファインダーブロック外周にモルトが貼られています。これも朽ちているでしょうから、交換しておきます。スクリーンとコンデンサーレンズは金属製の入れ物に入っています。入れ物は2本のビスで固定されています。これを外すと上画像のように分離できます。入れ物の中に板バネが2枚あり、向きを確認して取り外します。これでコンデンサーレンズが外れます。今回内側のスクリーンはほとんど汚れていませんでしたので、コンデンサーレンズを綺麗にしただけですみました。

20080406_06

組み立て時の注意なのですが、ファインダーブロックを取り付ける際、上画像の丸印と、メーターのレバー(ひとつ前の画像の丸印部分)がうまく組むようにしないと、シャッターを示す追針が連動しなくなります。

20080406_07

上画像のX・FP接点の白いリード線だけ外します。ほかのリード線は外さなくてもOKです。

20080406_08

ミラーボックスを外します。アイピース下に当たる部分に2本のビス、ボディ底に2本(上画像の白丸印)、そして青丸印のバネを外すと、ミラーボックスがごっそり外れます。

20080406_09

朽ちたモルトを除去して新しいのを貼り付けましょう。ミラー受け部のモルトも忘れずに交換です。シャッター幕などが露出しますので、傷めないようにすること、またカビなど汚れがあれば丁寧に除去、ただし無理は禁物です。納得いくようであれば、ここから逆順に組み立てれば完成です。

20080406_11

20080406_10

露出計もOK、モルトも交換、ファインダーも綺麗になったことですので、試写してきましょう。

○追記(テスト画像)

http://junkworldconn.cocolog-nifty.com/photos/gallery_pentax/jwc_test_20080411_yamabuki.html

http://junkworldconn.cocolog-nifty.com/photos/gallery_pentax/jwc_test_20080411_tsuyu.html 

|

« PENTAX KX 露出計復旧 | トップページ | PENTAX KM とりあえず分解 »

PENTAX」カテゴリの記事

カメラ」カテゴリの記事

コメント

初めまして。KXを購入しようと考えています。対象としている個体が絞り値の読み取りがファインダーの中でできない、という不具合を抱えているようです。お店側では、「覗いてもその部分真っ暗」、と言っています。このような場合、構造から考えて何が原因か推定なさることはできますか?小さなミラーがあるとのことですが、これが脱落する、もしくは劣化したモルトのカスが小窓をふさいでるとか、私も考えてはみたのですが、
分解ご経験者のアドバイスを頂きたく、あつかましいですが、ご指導いただけないでしょうか?

投稿: 絞り直読み小窓 | 2008年5月15日 (木) 22時46分

こんばんは。絞り直読み小窓さん、はじめまして。管理人のJWCです。コメントありがとうございます。

「絞り値の読み取りがファインダーの中でできない」不具合ですが、絞り直読み小窓さんのおっしゃる通り、小さなミラーがあって、レンズの絞り値を反射させてプリズム内に導いています。このミラーは2つあり、ブログの2枚目の画像で確認できますが、ファインダーブロックにあるのが1回目の反射ミラー、続いてプリズムにあるミラー、これが2回目の反射ミラーです。

さて原因ですが(1)2枚のミラーが脱落しているか、または少しでも角度が違うとまったく見えなくなります。汚れているだけなら明るくみえると思います。(2)プリズムの貼り合わせ部分の問題。これはあまり考えにくいですが。(3)プリズム自体が他のものから移植されて交換されている。要はKX用でないものの場合ですね。真っ暗だとこれも考えられます。

今思いつくのはそんなところですね。参考になりましたでしょうか。なんか(3)のような可能性が高いような気がしますが、TOPを開けてみないとなんともいえません。(1)が原因なら修理できると思いますが、(2)と(3)の場合は難しいですね。

ファインダー内で絞り値が読めることがKXのいいところの一つですね。そう思うと買うのは冒険かも知れません。NGだったことを考えると、別な出会いを待った方が良いともいえますけど、いざ待っているとなかなか出会えないんですよね。判断難しいところです。あっすみません買う買わないの話ではありませんでしたね。

投稿: JWC | 2008年5月15日 (木) 23時43分

JWCさん、早速の回答ありがとうございます。折角手に入れるもので、内部に部品欠損等あると完全にアウトになってしまうので、少し冷静に考えようと思います。ご指導くださり、本当にありがとうございました。引き続きいいものを探してさまよう事になりそうです。もし黒の良品がございましたらご連絡ください。飛びつきます!(笑)

投稿: 絞り直読み小窓 | 2008年5月16日 (金) 00時33分

絞り直読み小窓さん、おはようございます。良いものなら迷っていては買い逃しますけど、良品をお探しなら、不具合品はスルーした方が無難かも知れませんね。

黒のKXですね~。在庫ないです~(涙)。KXも古いのでジャンクコーナーで見かけることが多いですね。私のもそんなコーナーから拾ったもので、外観は綺麗だったのですが、中身はやはりジャンクでした。KMも仲良く見かけます。ちなみにKM黒1台拾って自前修理中です。KX黒の良品、みつかるといいですね。がんばって探してみてください。

投稿: JWC | 2008年5月16日 (金) 08時17分

1年ほど前にPENTAXのKX(黒)をオークションで入手したのですが、ファインダーにモルトのカスのような汚れが多くなってきました。こちらの記事を参考にファインダー清掃を試みようとしましたがカニ目がなく諦めました(涙)。例えトップカバーを開けてもハンダ付けとか出来なし機材もないし手を出さない方がよいと考えました。高いオーバーホールに出してもそれほど使用頻度があるわけでもないし。すばらしい技術をお持ちで羨ましいです!

投稿: AKIRA | 2010年11月 7日 (日) 22時35分

こんばんは、AKIRAさん、管理人のJWCです。コメントありがとうございます。ファインダーの汚れは気になりますよね。でも自前で掃除するには工具は必要ですし、分解による故障のリスクがありますから、我慢できるレベルでしたら手を出さない方が賢明かも知れません。

お褒め頂き恐縮です。技術はまだまだと思っておりますが、さらに最近サボり気味で、だいぶ鈍ってきてます(笑)。

分解を始めた頃はラジオペンチを加工してカニ目回しを作って使っていました(今もたまに使います)。カメラはお安く手に入るペンタックスSPやSPFのジャンクを入手して、分解組立を繰り返して練習しました(失敗も沢山しましたですよ~)。KXやKMはSPシリーズによく似ていますので、その経験が役に立ちました。

ではまた何かありましたらコメントくださいませ。

投稿: JWC | 2010年11月 8日 (月) 00時25分

JWCさん、お早うございます。

NIKOMATからPENTAXのところへもやってきました。

PENTAXのSLのJUNKを手に入れました。junkの理由は、例のプリズムの腐食のためです。
部品取り用のSVを持ってるのですが、プリズムは載せ替え可能なものでしょうか。同じSシリーズではあっても、部品は共通とは限らないので。

何かご存じでしたらお教えください。

投稿: ☆ほし | 2012年5月23日 (水) 10時11分

☆ほしさん、JWCです。こちらにもコメントありがとうございます。ペンタックスのSシリーズのプリズム腐食は定番の症状ですね。SLは所有したことがないのでわからないのですが、SPから露出計を除いたカメラだと思いましたので、移植するのでしたらSPかなぁと思います。SPIIからESIIに移植も出来るかとどこかで聞いた覚えがあるので、Sシリーズでしたらある程度互換があるようにも思いますがどうでしょうか。件のSVですが、私もストックを持っていたと思い探してみたのですが見つかりませんで。SP、SPIIを持っているので、比較してみようと思ったのですが・・・すみません。実際に両機からプリズムを比較してみてというのが確実でしょうか。あまりお役に立てずすみませんです。

投稿: JWC | 2012年5月23日 (水) 21時20分

JWCさん

先日、ある修理業者さん(Pentax修理の大御所)と話をする機会がありました。その折、プリズムのことを訊いてみましたが、SP(SL)とSV以前とではプリズムのサイズが異なり、互換性は無いそうです。従って移植は無理とのことでした。

投稿: ☆ほし | 2012年11月20日 (火) 20時47分

☆ほしさん、こんばんは。管理人のJWCです。プロの方とお話する機会があったなんてとても貴重な体験ですね。いろいろと為になったのではないですか?プリズムの件も疑問が氷解してよかったですね。☆ほしさんにコメントを頂いて私も参考になりました。ありがとうございました。

ふと思って久々にKXを引っ張り出してきてシャッター切ったらミラーの動きが緩慢になってました。怠けて放置していたのがいけませんでした。

投稿: JWC | 2012年11月21日 (水) 00時38分

KXのジャンクを入手し自力修理を試みようと、参考記事を探してたどり着きました。おかげでファインダーはきれいになりました。これ以上は自分の技量では無理そうなのでここでやめておきます。が、いつか露出計復活までチャレンジしたいと思います。その際はまた参考にさせていただきます。ありがとうございました。

投稿: 井塚憲男 | 2018年3月15日 (木) 16時46分

井塚憲男さん、JWCです。コメントありがとうございます。

KXのファインダー清掃記事を参考くださいましてありがとうございます。綺麗になったそうでよかったですね。

もうずいぶん経ちますがまだ私の手元にKXありまして、久々に手に取ってみましたが、露出計が動かずでした。それで自分の記事をもとに底蓋を外して接点部を磨いたら反応はするようになりましたが、上の方で少し明かりに反応して動いたり、少し暴れたりして接触不良のような状態でした。恐らく巻き戻しクランク下のあたりが原因かなと。私も時間みてちょっと分解チャレンジしてみようかと思っています。

投稿: JWC | 2018年3月15日 (木) 20時07分

JWCさん、お久しぶりです。
KXのジャンクを手に入れました。
ジャンクの理由は、スローシャッターがねばって正常に動作しないということでした。
ここを参考にして分解しようかと考えてます。
何か分からないことがありましたら、質問させてください。

投稿: ☆ほし | 2023年1月 1日 (日) 19時28分

☆ほしさん、JWCです。お久しぶりです。

KXのジャンクを入手されたとのことで、私も先ほど保管してあったKXを引っ張り出してきました。

ファインダーを覗くと追針式メーターと大きな画面がとてもいいなぁ思いながら、巻き上げてシャッターを切ったら思いっきり粘っていました。だいぶ放置していたので整備しないといけないです。でもちょっと先延ばしです。しばらく机の上に飾って眺めてからにしますが、その時は、自分の記事を参考にやってみますね(笑)。

何かありましたらまたコメントください。よろしくお願いいたします。

投稿: JWC | 2023年1月 3日 (火) 22時24分

この記事へのコメントは終了しました。

« PENTAX KX 露出計復旧 | トップページ | PENTAX KM とりあえず分解 »