« MINOLTA XE | トップページ | NIKON N.K.J. NIKKOR-P Auto 10.5cmF2.5 »

2008年9月 6日 (土)

MINOLTA ROKKOR-TD 45mmF2.8

ミノルタROKKOR-TD 45mmF2.8のジャンク品。前玉・後玉・絞りの前後の面にカビの発生があり、そのままボディに取り付けてファインダーを覗くと、うっすら白み掛かっています。このまま撮ると寝ぼけた写真になってしまうので、カビ除去するためにちょっとだけ分解してみました。尚、カビ以外は特に問題なしです。

20080906_01

とりあえず前後の玉を清掃してから、前玉側か後玉側からかどちらから分解しようか、ちょこっと考えた(ほんとにちょっとだけ:笑)のですが、やはりカニ目穴のある後玉からが無難なので、そちらからアクセスすることにしました。

20080906_02

上画像のように内側にはスリ割り、外側にはカニ目穴があります。内側のスリ割りのあるリングは後玉自体を押さえているリングですね。単純な構成のレンズ(3群4枚)で後玉は2枚貼り合わせで1群を構成しています。

20080906_03

カニ目に工具を当てて回すと後玉ユニットがはずれて、絞りの前後の面がお掃除できました。クリーニング液と無水エタノール、そしてブロアーで埃を飛ばして綺麗に清掃します。前玉の裏(1群目)もよく確認しておきますが、この個体は運良く問題なしでしたので、そのまま後玉ユニットを取り付けて完成となりました。なので今回の修理はとっても簡単でした。

20080906_04

ミノルタX-1に取り付けて記念撮影。薄型のレンズがとってもかっこよいです。ミノルタXEにてお外で使ってきましたので試写をUPしておきます。特に問題なく写りも満足できました。

http://junkworldconn.cocolog-nifty.com/photos/gallery_minolta/jwc_test_20080906_rokkor_td45_02.html

http://junkworldconn.cocolog-nifty.com/photos/gallery_minolta/jwc_test_20080906_rokkor_td45_01.html

|

« MINOLTA XE | トップページ | NIKON N.K.J. NIKKOR-P Auto 10.5cmF2.5 »

MINOLTA」カテゴリの記事

カメラ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。