« PENTAX SMC PENTAX-M50mmF2 | トップページ | OLYMPUS PEN FT »

2008年9月22日 (月)

NIKON FM10

ニコンFM10。まだ現行機種だったんですね。がんばって販売を続けて欲しいものです。まあこのFM10はニコンというより別のメーカー製という色合いが濃く、今まで発売されたMF一眼レフでは姉妹機のFE10と並んでニコンらしくありません。

20080922_01

一見綺麗そうなのですが、ボディグリップ部がベトベトです。表面のゴム皮膜が溶け出し手に持つと気持ち悪くこれでは写真を撮る気になりません。

20080922_02

裏蓋もご覧の通り。表面が剥がれて消しゴムのカスのようにポロポロと剥がれ落ちます。アイピースも表面のコーティングが剥がれています。こんなに弱いものなのでしょうか。

20080922_03

右手グリップ部です。べとつきで埃が多く付着しています。まあハエ取り紙よりはマシでしょうけど(笑)。F3より採用された(と思う)ニコン象徴の赤ラインも剥がれてます。

20080922_04

左手も同様ですね。縦位置に構えたとき左手の人差し指でホールドしますが、やっぱり気持ち悪いです。

ではこれらのベトつきを除去して写真を撮りたくなるようなFM10にしましょう。

20080922_05

裏蓋を外すために底板を外します。ビス4本を外すとこのように底板が取り外せます。とりあえず電池蓋も外しておきましょう。上画像ではビスをセロハンテープで止めています。適当な空きケースが無かったのでこのようにしました。

20080922_06

裏蓋のヒンジ部分。上画像のように竹串などを使って軸を抜きます。それほど力は必要ありませんがゆっくり慎重にやりましょう。なおシャッター部は厚紙やプラ板で保護して作業中に膜を傷めないように気をつけましょう。

20080922_07

軸が抜け裏蓋が分離できました。この軸は上側が面取りしてあります。恐らく差し込みし易いようにかと思います。

20080922_08

グリップ部分を剥がします。セルフタイマー、絞り込みレバー、そして画像にはありませんがストラップの吊り金具、これを外さないとグリップが剥がせません。それからグリップは非常に強力な両面テープで貼り付いてますので、グリップを割らないように慎重に捲り揚げましょう。捲るのはボディ側面からがよいと思います。

私はここでちょっと失敗1点。外す部品の吊り金具。外し忘れて捲ったら吊り金具の入る穴部分に割れが入ってしまいました。接着剤とパテで固定し仕上げたので目立たなくなりましたが迂闊でした。それから失敗ではないのですが、恐らくこれは消耗品と思うのですが、セルフタイマーの飾りカバーです。これを剥がす際にこのカバーに傷がどうしても入ってしまいます。メーカーでメンテナンスする場合は多分カバーは新しいものに交換するのだと思います。なので失敗とは思っていませんが、う~んどうでしょうか。

20080922_10

20080922_11

さて塗装し直したグリップです。まずまず綺麗に仕上がりました。EOS5のグリップの時に使ったラバースプレーで対処しています。今回は下地処理をしましたが実際使ってみないと強度はわかりませんが、まあそう思って丁寧に使ってみましょう。赤のラインはエナメルの赤塗装で筆塗りです。ちょいとデコボコしてますけどまあそれほど見苦しくないので良しとします。それからセルフタイマーの飾りカバーですね。これはボディ張り皮を貼り付けました。ちなみに6mmです。

20080922_09

裏蓋です。綺麗になったでしょ・・・と言いたいところですが、塗装中にラバースプレーが空になってしまい中途半端な状態で仕上がっていません。そんな訳けでリコーのXRー8 SUPERから拝借して取り付けました。XR-8は裏蓋交換式。無加工でFM10に取り付けられます。ただ逆は駄目なんですね。FM10からXR-8には取り付けできません。デート接点部分の処理が若干違うので残念ながら蓋が閉まりません。

ファインダーアイピースのコーティングですが、クルーニング液で拭いたらどんどんコーティングが落ちていきます。なんだかなぁ~。まあ撮れる絵には影響ないので全てコーティングを剥がして良しとします。

20080922_13

裏蓋は仕上がってませんが一応これで完成とします。薄型の50mmF1.8を装着してみました。なかなかコンパクトでマッチしています。FM系統らしく?ファインダー表示は+○-表示。シャッタースピードも絞り値もファインダー内で確認できませんが、露出の勉強には良いボディです。お安く学生さんにお勧めのカメラです。

|

« PENTAX SMC PENTAX-M50mmF2 | トップページ | OLYMPUS PEN FT »

NIKON」カテゴリの記事

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PENTAX SMC PENTAX-M50mmF2 | トップページ | OLYMPUS PEN FT »