« NIKON N.K.J. NIKKOR-P Auto 10.5cmF2.5 | トップページ | RICOH AUTO HALF SE2 »

2008年9月14日 (日)

SIGMA MIRROR-TELEPHOTO MC 600mmF8 (SR)

SIGMA MIRROR-TELEPHOTO MC 600mmF8 ミノルタSRマウント。強烈なカビとクモリありで、そのままボディに付けてファインダーを覗くと白い世界の広がるレンズであります(笑)。

20080914_01

20080914_02

レンズ開口部、補正板の表面はご覧の通り。これカビをふき取ったところですが、コーティングが見事に落ちています。カビの威力はすごいですね。

20080914_03

マウント側には差し込みフィルターがありますが、これもご覧の通り。枠が壊れてまっぷたつ。実は引っこ抜けなかったので、無理に引っ張りだしたらこの始末。

20080914_04

クモリはこのレンズ。レンズというよりこれは反射鏡のようなものなので副鏡なのすが、ほとんど真っ白になっていました。上の画像は研磨にてクモリを落とした状態です。

20080914_05

このようにレンズをスリ割りのある押さえリングとOリングが下画像の枠に入っています。

20080914_06

枠は補正板に接着されているのですね。ボンドでくっついてるだけでしょうか?

20080914_08

副鏡はクモリだけでなくて腐食もあります。外周の一部なのでそれほど影響ないものと考えますが・・・。

20080914_09

研磨してクモリを除去したものです。これを戻すとファインダーの白さが見事に改善されたのですが・・・。

やはり実際のところほとんど使えないレンズでした。なんともピンの山が掴めず眠たい画面。実際の写りも眠たい芯のない絵。なんとも気持ち悪いです。クモリの面は研磨したとは言え素人の研磨。実際クモリはレンズ表面を侵食し滑らかではなくなります。そこを少々研磨したところで滑らかな面にはなってくれません。やはりきちんと磨かないと芯のある絵は出せないでしょう。

そんな芯のないサンプル画像をギャラリーにUPしておきます。こんな絵です。実用としてそれなりの絵を期待したいのであれば、こういった症状のレンズは買わない方が賢明かも知れませんね。

http://junkworldconn.cocolog-nifty.com/photos/gallery_minolta/20080914_01.html

http://junkworldconn.cocolog-nifty.com/photos/gallery_minolta/20080914_02.html

|

« NIKON N.K.J. NIKKOR-P Auto 10.5cmF2.5 | トップページ | RICOH AUTO HALF SE2 »

カメラ」カテゴリの記事

SIGMA」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、初めまして。私もカビありの同じミラーレンズを持っています。カビは主鏡の端っこに少し(3箇所)あるだけですので、撮影には影響ありません。ですが、どうしても気になるのでシグマに前面保護ガラスの外し方をEメールで聞きましたが、公開してないからと断られました。
何だか紹介内容ではちゃんと保護ガラスを外されていますが、特殊な工具とかは必要なのですか? 良ければご紹介いただけませんか?

投稿: terazo | 2008年10月24日 (金) 13時50分

terazoさん、こんばんは。管理人のJWCです。ちょっと返事が遅くなってすみませんです。

前面保護ガラスの外し方ですが、実は保護ガラスは外さないでピントリングを外しています。特殊な工具は必要なかったと思います。言葉でうまく説明が難しいのですが、思い出しながら申し上げますね。

ピントリングのゴムを捲ると銀色のシールが巻かれている部分が出てくると思います。このシールををはがすと、距離指標とヘリコイドが分離されます。分離する前(シールを剝す前)にケガキをしておかないと、無限出しが面倒になるので忘れずにしておきます。ヘリコイドをゆっくり回転させ本体から外れる瞬間の位置にマジックなどで印を付けます(回転させた角度や回数も記録します)。組み立てはこの位置からねじ込むことになります。これで内側が清掃できるようになります。だいたいこんな感じだったと思いますが、作業する場合はよく確認しながらお願いします。

このタイプのミラーレンズは天体望遠鏡のカセグレン式とほぼ同じレンズ構成です。前面の保護ガラス。実はこれは補正板と言って一応レンズなんですね。この補正板で収差などを文字通り補正しているものと思います。中のミラーですが、私は拭いてはいないのですが、もしかするとデリケートなメッキ(コーティングが弱い?)かも知れませんので、慎重に作業なさってください。

投稿: JWC | 2008年10月24日 (金) 23時13分

ちょっとだけ補足です。無限位置についてですが、ミラーレンズの場合(フローライトなどもそうですが)、温度によって焦点位置が変わります(移動が大きい)ので、指標を超えてピントリングが動くようになっています。なので多少元の位置からずれても実用上問題ないかと思います。シビアにみればダメなのでしょうが、ファインダーで遠くの風景で無限を合わせて確認でOKかと思います。

投稿: JWC | 2008年10月25日 (土) 09時44分

ありがとうございました。昨夜ご指導いただいた内容で分解清掃ができました。
中のレンズにもカビが生えており、ミラーのカビと一緒に拭き取ることができました。
無限も調整できました。ただミラー面積が広く無水アルコールで清掃しましたが全体を綺麗にするのにはかなり時間がかかりました。
これでスッキリしました。本当にありがとうございました。

投稿: terazo | 2008年10月27日 (月) 10時58分

terazoさん、こんばんは~。無事清掃できたようでよかったです(嬉)。カビも気づいてしまと気になって、やっぱり綺麗にスッキリして使いたいですよね。どんどん使ってあげてください。また何かありましたらお気軽にカキコ下しさいませ~。

投稿: JWC | 2008年10月28日 (火) 01時14分

古い記事から失礼します。
このレンズの清掃を行っていたのですが最後のくみたてじにの銅鏡のねじ込みが上手くはまりません。
マーキングをしていなかったのが悪いのですが、
何かコツなどありましたらご教示願えませんでしょうか。

投稿: shichan | 2013年12月 7日 (土) 02時23分

shichanさん、コメントありがとうございます。お返事遅くなりすみませんです。ご質問の件でありますが、すでにレンズを所有していなくて実物で確認できません。とりあえず、terazoさんのコメントと私の回答を参考にお願いします、ということくらいしか言えませんでして。

過去の経験から申し上げると、わからなくなったら、根気よくねじ込みと分解を繰り返すしかないということでしょうか。指の皮が擦り剝けるくらい苦労したという経験もありまして・・・。でもそこまでしたくないですよね。

簡単な方法やコツがあれば良いのですが、申し訳けありませんです。

投稿: JWC | 2013年12月 7日 (土) 22時44分

お返事、ありがとうございます。
アドバイスの通りもう少し粘り強く頑張ってみたいと思います。
大変参考になりました、ありがとうございました。

投稿: sichan | 2013年12月 9日 (月) 00時38分

sichanさん、JWCです。お世話になります。

ほとんどアドバイスになっていませんでしたね。すみませんです。じっくり構造などを観察してねじ込みを挑戦してみてください。

こちらこそ頼っていただいてありがとうございました。

投稿: JWC | 2013年12月13日 (金) 22時13分

初めまして。
同じレンズを入手したのですが副鏡の曇りがあり、エタノールで洗浄してみましたが取れませんでした。なにか良い方法は無いかと検索していてたどり着きました。

記事を拝見すると曇りがとても綺麗に除去できたようですが、どのように除去されたのかお教えいただけないでしょうか。酸化セリウムなどをお使いになったのでしょうか。

ずいぶん前の記事へのコメントで申し訳ありませんが、覚えていらっしゃるようでしたらお教えいただければ幸いです。

投稿: くろすけ | 2019年4月23日 (火) 21時58分

くろすけさん、はじめまして、JWCです。コメントありがとうございます。

副鏡のクモリ除去ですが、酸化セリウムで研磨しました。ただ一見クモリが取れてよくなったような感じがしますが、ピントの山がなくなったような眠い絵しか出てこなかったと記憶しております。(リンクが切れてますが、ギャラリーのSIGMAの中にコスモスと葉っぱの写真があります。それがこのレンズで撮ったものです。参考にどうぞ)

最近、重症のクモリのレンズの表面を顕微鏡で覗いてみたのですが、かなりの侵食があってこれを侵食の底まで削ってもピンが来なくなるだろうな感じました。

このレンズも結構な勢いで磨いたかも知れません。ただ、少し磨いて曇りが薄くなるレンズであれば、そんなに影響は出ないかも知れません。かなり面倒ですが少し削って取り付けてピントが来るか確認しながらやった方がベターかなと思います。

投稿: JWC | 2019年4月23日 (火) 22時42分

くろすけさん、すみません、リンクが切れてるというのは、記事中の画像のリンクで、ギャラリーの中身は見られますので、ご覧になってください。フイルムをスキャンしたものですので、だいぶ粒子が荒いのですが、ご容赦ください。

投稿: JWC | 2019年4月23日 (火) 22時46分

JWCさん、早速のご返信まことにありがとうございます!ギャラリーも拝見いたしました。
酸化セリウムを使われたとのこと承知いたしました。早速カー用品店にキイロビン探しに行ってみます(^^)

記事中でJWCさんも書かれているように、曇りのせいで全体的にモヤがかかったように白くなってしまっていますのでダメモトで少しずつこまめに様子を見ながら磨いてみようと思います。

大変参考になりました、ありがとうございます!後ほど他の記事もゆっくり読ませていただきます(^^)

投稿: くろすけ | 2019年4月24日 (水) 01時04分

くろすけさん、こんばんは。参考になりましたとのこと恐縮です。ありがとうございます。研磨で良い結果になるといいですね。がんばってください。

投稿: JWC | 2019年4月24日 (水) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NIKON N.K.J. NIKKOR-P Auto 10.5cmF2.5 | トップページ | RICOH AUTO HALF SE2 »