« NIKON N.K.J. NIKKOR-H Auto 50mmF2 | トップページ | TAMRON SP90mmF2.5 »

2008年11月15日 (土)

CANON AE-1P 鳴き修理とちょい再塗装

キヤノンのAE-1P。ブラックボディ。比較的綺麗なボディなのですが、目立つ錆びもあるしお決まりの鳴きも出ていますので、その2点を改善してあげることにしました。

20081115_01

「鳴き」修理での分解手順は市販の本に詳しく解説されていますので、注油するところの画像UPしておきます。

20081115_06

画像の四角の部分のギアの油切れ。ここに注油です。ほんの少量で十分。私はすべてのギアに注しましたが、一番上の金属ギアだけでも大丈夫かも知れません。1個ずつ注油と組み立てを繰り返して鳴きが無くなるか確認しながら最適な場所を見つけるのも良いかと思いますが、それなりに(分解組立時の破損などの)リスクがあるので、私は全部にしています(注油オーバーもありますが)。せっかく動作しているものなんで。

20081115_02

ボディ左側の錆びです。なんでこんなところだけ錆びるのか不明ですが、錆びを落として塗装します。

20081115_03

ビス3本を外すとカバーが取り外せます。裏蓋開閉レバーの金具にスペーサが入っていますので確保します。

20081115_04

耐水ペーパーで擦って錆びを落としました。全体を落そうかとも思ったのですが面倒なんでやめました(笑)。

20081115_05

塗装後、ボディに取り付けたものです。塗装は下地塗装と黒のラッカーです。塗装後、オーブンで30分ほど焼きました。熱のかけ具合にちょっと失敗して斑ができました(焼付け塗装について誤解があるとのコメントを頂きました。私の紹介した方法では塗装が劣化するだけとのことですので、この塗装記事については参考になさらないでください。詳しくはコメントを参照願います。)が、中古カメラっぽくてよいかもと実に身勝手な理由で「良し」としました(笑)。

このボディはモルトがほとんど痛んでいませんでした。一ヵ所だけ裏蓋のヒンジ部分だけ少しベトついていたので剥がしましたが、鳴き修理で分解しても内部のモルトは新品状態で綺麗です。分解痕は見当たらないので、きっとこれはプロの修理屋さんが一度OHしているのに違いない、とまた勝手に想像して「さすがプロの仕事は違うなぁ」と一人で感心しているのであります。

|

« NIKON N.K.J. NIKKOR-H Auto 50mmF2 | トップページ | TAMRON SP90mmF2.5 »

CANON」カテゴリの記事

カメラ」カテゴリの記事

コメント

焼付け塗装に誤解があるようです。通常のラッカー塗料をいくら加熱しても塗料が劣化するだけで意味がありません。
焼付け塗装というのは、熱硬化型の特殊な塗料を塗って加熱することにより塗料を硬化させるものです。低温硬化型ですと70度くらいで硬化します。
高温型でも140~170度ではなかったかと思います。
いずれにせよオーブンで焼くというようなシロモノではないです。

投稿: だめおやじ | 2012年4月21日 (土) 11時05分

塗装についての追記
手軽に強い塗装をするのであれば2液式のスプレー式ウレタン塗料が市販されていますので、それを使うと良いかと思います。
ただ、若干普通の塗料より高価(2,000円+α)なのと、1度使用する(内容物を混合する)と1日以内で全部硬化してしまいますので、ある程度塗装するものを溜めてからでないとコストが高くなります。
参考まで。

投稿: だめおやじ | 2012年4月21日 (土) 11時13分

だめおやじさん、コメントありがとうございます。いろいろとご指摘恐縮です。焼けばいいというものではないのですね。2液式のがあるというのは知っていましたが、値段と使い切りらないといけないということで買う対象から外しました。お手軽に強い塗装ができないものかと調べてみたところオーブンという手段がったので真似たのですが、そもそも元の塗料がそういうものでないので、無駄なことだったのですね。勉強になりました。ブログの記事はこのあと追記もしくは訂正しておきます。

投稿: JWC | 2012年4月21日 (土) 11時33分

ホームページをいつも参考にさせていただいております。私も趣味でシャッター鳴きのAE-1Pを修理しました。AE-1も3台修理したのですが、シャッター鳴きはありませんでした。AE-1Pの方は最後の錘のついたギアが金属製でした。軸に注油しました。AE-1の方は白いプラスチックのギアに金属の錘が嵌めこまれていました。プラスチックを侵すのではないかと思い、注油はしませんでした。AE-1でもロットで金属製の場合もあるのではないかと思っています。ギアが金属製の場合に限り鳴きが発生するのではないかと予想しているのですが、JWCさんの修理されたもので、プラスチックギアで鳴きの発生したものはありますか。

投稿: しまけん | 2013年1月29日 (火) 20時02分

しまけんさん、管理人のJWCです。記事を読んで頂きありがとうございます。AE-1PやAE-1を修理されたとのこと、すごいですね。きっと治ったカメラたちも喜んでいるでしょうね。私は少々カメラ修理から離れてしまっていて、何台かA-1やAE-1Pの鳴きを修理したと思うのですが、鳴いてたギアがプラか金属か忘れてしまいました。すみません。未修理のAE-1が1台あるにはあるのですが、分解修理できる状況にないんです。確認できるといいのですが、お役にたてず申し訳けないです。

投稿: JWC | 2013年1月29日 (火) 23時33分

JWCさん回答ありがとうございます。分かりました。新しいことが分かりましたらまた書き込ませていただきます。

投稿: しまけん | 2013年2月 4日 (月) 11時28分

しまけんさん、ありがとうございます。情報書き込み下さるととてもありがたいです。AE-1やA-1は好きな機種ですので、多分真っ先に修理対象となると思います。再開できたときに参考にしたいと思います。

投稿: JWC | 2013年2月 6日 (水) 18時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NIKON N.K.J. NIKKOR-H Auto 50mmF2 | トップページ | TAMRON SP90mmF2.5 »