« TAMRON SP90mmF2.5 | トップページ | SIGMA HIGH-SPEED WIDE 28mmF1.8II (MINOLTA AF) »

2008年11月17日 (月)

CANON FD80-200mmF4 S.S.C.

キヤノンの旧FD望遠ズーム。F値4固定、最短撮影距離1mと高性能なレンズ。お値段もカタログでは10万円と高価。そんなレンズもここ最近の中古価格は寂しい限り。補正レンズなしアダプタでデジタルで使えないことが原因でしょうか。

20081117_01

安い中古価格に比例すべくジャンク品ともなれば可哀そうなくらい安くなってしまいます。そんなに安くならなくてもと思いますが、レンズのカビや曇り、絞り油浮き、さらにズームリングのガタとくれば納得の価格。致仕方ありません。

というわけで本レンズはその症状のジャンク品でありましたが、出てくる絵は特に問題ありませんで、そのままでもOKでしたが、やっぱり気持ち悪いので分解修理することにしました。

20081117_02

分解した部品。こんなところまで分解でき、絞りまで取り出せます。

20081117_03

レンズはご覧の通り。絞りは油浮き。ですが重症ではありません。

20081117_04

マウント側の分解の図。後玉ユニットに絞り機構が組み込まれています。分解は特に難しい部分はないのですが、絞りのクリック用のスチールボールが2つありますので、これをなくさない(中のスプリングも)ようにすることです。透明のビニール袋の中で作業するなどしましょう。あ~あとAE切り替えピンがありますので、これにもスプリングがあるので注意が必要です。

20081117_05

ユニットの各リングゆるめれば内部のレンズも掃除できます。恐らくどの個体にもケガキ線があると思いますので、各リングがその位置にくるように組み立てます。この個体は内部のレンズは綺麗でしたので分解はぜず、絞りの直後のレンズのみクリーニングしました。それから各所緩み止めがありますので、組み立て時も同じように緩み止めしておきましょう。絞りはユニットごとベンジン流しの洗浄です。

20081117_06

レンズマウント側を組立ます。後玉ユニットを鏡筒にセットしてイモネジで固定します。きちんと分解時の位置になるようにですね。イモネジのところは緩み止めします。絞りリングを組み込む際、スチールボールをセットしますが、上画像のようにスチールボールを置いて、ボールを押さえながら絞りリングを回します。反対側も同じやりかたでボールをセットします。AE信号ピンを取り付けます。最後に締め付けリングを取り付けます。付随する絞り連動アームを内部の所定のガイドに入るようにします。これでマウント側はOK。動作確認のためボディに取り付けて絞りが正しく動作するか確認しましょう。

20081117_07

さあ前玉側を組立ましょう。ズームリングのガタですが、上画像のズームリングから出ているガイドにあるビスにプラリングがあるのですが、これが朽ちて隙間ができるためです。同じ部品はないので油に強いゴムチューブを切り取って挟んでおきました。これで一応ガタもなく動きもスムーズになりました。それから古いグリス(このレンズの絞りの油浮、レンズの曇りの原因物質でしょうか?)はすべて除去して、新たに少量モリブデングリスを塗っておきました。

20081117_08

絞り機構の手前のレンズ。中玉ユニット(第3群レンズ)の取り付けです。上画像の隅に貼り付けましたが、コマの部分はこんな感じになっています。組み込みはちょっとしたコツが必要です。レンズを入れる際、鏡筒内側の溝に沿って縦に差し込みます。入口が狭いんですね。中に入れてから回転させます。ちなみに私はここで手が滑って中に落としてしまい、絞り直後のレンズ(第4群)に少し傷をつけてしまいました(涙)。

このユニット押さえの金具(正式名称?)についているコマにもプラが使われていて朽ち果てていました。これも取り除いておきましたが、代用品がないため隙間はできたままです。少しガタが発生していますが実用上支障なさそうなのでこれでOKとしておきます。

20081117_09

20081117_10

先にベースの枠を取り付け、中玉ユニット(第2群)を取り付けます。難しい部分はありません。ユニット押さえの金具のコマも痛んでいましたが、まだ原型は留めていたので、そのまま取り付けました。

20081117_11

最後の仕上げですが、ここがちょっと難しいところです。画像にうまく撮れませんでしたので言葉で説明してみます(あんまりうまく説明できませんですが:汗)。まあ実際にやってみて仕組みをよく理解すれば何ら問題なく組み込みできるでしょう。

上画像はピントリング類を組み込んだところです。内部のガイドが2つある筒を大体この位置になるようにして、リングで固定します。その際矢印の部分のスリ割りにレンズ側のビスが入るようにします。入らないと所定の位置ではないということです。

20081117_12

前玉ユニット(第1群)を取り付けます。その際は内部の2つのガイドにそって差し込んでから(微妙にガイドの幅が違います)外側の筒を回します。その際にはレンズ開口部のフード取り付け位置が正規の位置(上は溝がありますね)のままねじ込んで行きます。うまくできると上画像のようにフードの先端とと前玉ユニットの傾斜部分が大体同じになります。

無限の調整をしてピントリングをイモネジで固定します。無限はボディに取り付け遠くの景色で合わせましたが、このレンズは無限位置を超えて3mmほど行きすぎますので、自分の好みの位置を無限としてよいでしょう。ズームリングも動かしてピント位置が動かないことも確認しましょう。すべてOKならピントのゴムリングを取り付けて完成です。

20081117_13

そうそうもう1点失敗したのですが、後玉も少し傷をつけました。締め付けリングユニットについている絞り連動アームの先端を差し込む際、誤って後玉にぶつけてしまいました。気をつけないといけませんね。反省です。

まあそれでも綺麗になりましたから使ってみましょう。先日のタムロンレンズと一緒に使ってきましょう。

○試写を追記します(2008/11/22)。

http://junkworldconn.cocolog-nifty.com/photos/gallery_canon/jwc_test_20081121_fd80_200f4_01.html

http://junkworldconn.cocolog-nifty.com/photos/gallery_canon/jwc_test_20081121_fd80_200f4_02.html

描写に不満なく良いレンズです。使い勝手もおおむね良かったですけど1点だけ。若干ヘリコイドが重く感じました。ちょっと調整したいなぁという気持ちでいます。

|

« TAMRON SP90mmF2.5 | トップページ | SIGMA HIGH-SPEED WIDE 28mmF1.8II (MINOLTA AF) »

CANON」カテゴリの記事

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TAMRON SP90mmF2.5 | トップページ | SIGMA HIGH-SPEED WIDE 28mmF1.8II (MINOLTA AF) »