« CANON EF ファインダー清掃 | トップページ | NIKON Nikomat FTN »

2009年5月31日 (日)

LOMO LUBITEL 166

20090531_01

ロモのルビテル166です。シャッター系は特に問題なさそうですが、全体的に薄汚れ光学系はカビカビです。さらにシャッターユニット全体が傾いて少々ぐらついています。今回はこれらを改善してみます。

20090531_02

ファインダーを取り外します。ビス3本で固定されています。ファインダーを外すとスクリーンも兼ねたコンデンサーレンズも外れます。外したコンデンサーレンズを清掃しておきましょう。

20090531_03

コンデンサーレンズを置いている枠も、いっしょにミラー(ちょっと割れてますね)も工具なし取り出せます。非常に簡単な構造です。

20090531_04

まずビューレンズを無限に合わせて、テイクレンズとのギアのかみ合わせ部分をマーキングしておきます(なお今回のボディはテイクレンズ(シャッターユニット)の鏡筒が傾き無限が出ていないようでしたので、一応はマーキングしましたが、結果はずれていました)。

次にフィルムゲート内からてテイクレンズ(シャッターユニット)を固定しているリングを外します。切り抜き部分の幅があるので、ラジオペンチなどの代用工具でも簡単に回せそうです。

20090531_05

シャッターの前後の面のカビの除去は前玉ユニットを分離することになります。まず前玉ユニットの無限位置と同様にシャッターユニットにもマーキングしておきます。そして回転させていくとマーキング位置から2回転と1cmほど行ったところで分離されます。この位置が清掃後のねじ込み位置になるので、必ずマーキングしておきます。

外れるとシャッター前後のレンズ面が清掃できますので綺麗にしておきましょう。シャッターが汚れているのが気になる場合は、破損の心配があるので見える範囲だけベンジンを少量綿棒につけるなどして撫でる程度にしておきます。

20090531_06

後玉は画像の上側の矢印の金具で固定されています。これを矢印部分の溝に精密ドライバーなど差し込んで金具を持ち上げます。そのままだと飛んで行ってしまうので指などで押さえます。レンズにも傷をつけないように慎重に作業します。外れたらレンズの両面を清掃しておきます。下側の矢印のビスは緩んでいたので、同様に他2本も締め直しておきました。

20090531_07

ビューレンズの方は本体に取り付けたまま清掃できますので、外す必要はありませんが、ビューレンズの無限が出ていない場合は、画像の矢印のイモネジを緩めるとビューレンズを緩めることができます。

20090531_08

さて綺麗になったところで組み立てますが無限の調整をしないとなりませんね。とりあえず室内で出来る簡単な方法で調整してみます。

(1)ビューレンズを無限位置ではなく少し手前に合わせておきます。(2)次にテイクレンズ(シャッターユニット)をマーキングしておいた無限の位置で取り付けます。(3)裏蓋をあけてカッターナイフの刃をフィルムガイドレールに橋渡しで傾斜を付け貼り付けます。傾斜をつける理由はカッターナイフの刃は両刃なのでエッジを立てないとわずかにゲートとの間に隙間ができ無限がでなくなるためです。(4)フィルムゲート側からライトボックスなどを使って光を当てます。(5)一眼レフに100mmほどの中望遠レンズを取り付けて、テイクレンズ(Bでシャッターを固定)の前玉からカッターナイフの刃が見えるように覗きこみます。このとき一眼レフのレンズも無限にしておきます。(6)ビューレンズを回転させ、カッターナイフの刃が最もシャープに見える位置に調節します。(7)その位置を動かさないように固定(記録)し、シャッターユニットの固定リングを緩め、ビューレンズを無限位置にして、再びテイクレンズとビューレンズのギアをかませれば、これで無限調整は終了です。

箇条書きにすると難しそうですが、実際やってみるとそうでもありません。この方法は二眼レフ以外でも使えるので、こういった簡単なカメラで練習しておくといいと思います。

20090531_09_2

さあこれで完成しました。またあとで試写してきましょう。

○使ってみましたので試写を追記します(2010/03/31)。

http://junkworldconn.cocolog-nifty.com/photos/gallery_niganref/20100331_01.html

写真は645マスクを使用してのものです。途中で巻き上げが超重くなり無理やり最後まで撮ったのですが、その後巻き取り困難になり蓋を開けてフィルムを取り出し手で巻き取りしました。光線引きがありますが、これが原因なのか斜光に問題あるのかは不明です。写りに関しては大丈夫なので残念ですね。

|

« CANON EF ファインダー清掃 | トップページ | NIKON Nikomat FTN »

カメラ」カテゴリの記事

二眼レフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CANON EF ファインダー清掃 | トップページ | NIKON Nikomat FTN »