« 2009年5月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年9月

2009年9月 9日 (水)

NIKON Nikomat FTN

露出計やシャッターなど基本的にはきちんと動作するのですが、モルトの劣化、ファインダーのカビ、底カバー三脚ザ付近の歪み、トップカバーの一部へこみなどがあり、扱いとしたらジャンク品となります。

20090909_01

20090909_02

20090909_03

20090909_04

20090909_05

ニコマートFTNの分解は市販の本(やさしいカメラ修理教室 大関通夫著 クラシックカメラ選書、または、やってみよう!カメラの修理&メンテナンス 大関通夫著 ジャパンホビーツール)に詳しく解説されていますので手順は割愛します。特に難しい個所はありませんが、組み立て時シャッタースピードを1/125sにセットするとか知らないと大いに悩むと思われる個所がありますので、分解前に一度最後まで読んでおいた方がよいでしょう。

ちょっと本では解説していない部分などを載せておきます。

20090909_06

(1)上画像はファインダーを構成するユニットの外枠です。分解本ではこの部分は取り出していませんが、この枠を取り出すと見えない部分のモルトを交換できるので実行しました。ファインダー内にシャッタースピードを表示するフィルムがあり、それが糸でつながりシャッターダイアルと連動しています。枠を取り出す際、下手をすると破損するか糸が切れてとっても悲しいことになりますので、細心の注意を払いながら行います。我慢できればそのままにしておきましょう。あと各ビスの下にはスペーサが入っていますので、スペーサは厚みが違うかもしれません。元の位置に復元できように場所をきちんとメモしておいきましょう。

20090909_06_1

(2)クイックリターンミラー受け部分のモルトサイズが解説本と違いがありました。解説本はミミの左右が2mmとなっていますが3mm以上必要です。朽ちたモルトを取り除く際の寸法はさらに大きく4mmほどあるようです。2mmですとマウントと同径のカーブに乗り上げてしまいます。もしかすると個体差があるかもしれませんので、貼り付ける前に確認しましょう。

20090909_06_2

(3)ミラーボックスの組み付けですが、分解本にある通りに行いますが、何度やっても前板が少し浮き上がります。仕方ないのでビス2か所を緩めに借り止めして、巻き上げレバーを取り付けてゆっくり巻き上げてみると、少し抵抗があったのち前板がしっくり収まりました。本来は必要ないかもしれませんが、うまく組み付け出来なかった場合の一つの方法かと思います。ただし部品を破損したりすることもありますから無理は禁物です。

20090909_06_3

(4)分解本では部品の傷を避けるためセルフタイマーを外さないで作業するため、張り皮を全てはがさずビスの部分が見えるだけめくっています。私は張り皮の汚れを綺麗に落としたいと思ったので上画像に書いてある通り、切れ込みを入れて張り皮をすべてはがし、洗剤に潰て綺麗に張りなおしました。

以上4点です。

あと参考に少し画像を貼り付けておきます。部品の位置や配線の参考です

20090909_07

(1)ファインダーブロックを分解したものです。左下がスクリーンで、中央下がシャッタースピード表示窓、右下がコンデンサーレンズです。左上の枠にスクリーン、シャッタースピード表示窓、コンデンサーレンズの順で入ります。

20090909_07_1

(2)ユニットを組み込んだところです。ビス3本で固定されますが、それぞれ下にスペーサが入っています。それから上の左右のビスは緩く借り止めとしておきます。

20090909_07_2

(3)ボディのフレームです。シャッターユニットを外すとこれだけになります。カビやモルトカスがある場合は清掃しておきましょう。

20090909_07_3

(4)シャッターユニットです。EOSのシャッターと違いゴムダンパーはありませんので、シャッター幕が汚れてなければ、このままにしておきましょう。画像左の機械部分は触らない方が無難でしょう。

20090909_07_4

(5)シャッターユニットを取り付け、巻き上げ基板を取り付けます。

20090909_07_5

(6)巻き上げ基板を取り付けつ際、上画像の右側にある部品が画像のようになっていないといけません。

20090909_07_6

(7)配線の参考です。個体差があるかも知れませんので、分解時にメモをとっておきましょう。

20090909_07_7

(8)X接点は青、M接点は茶のリード線です。それからアイピース上の基板の配線です。分解時、矢印のリード線を外します。

こんなところでしょうか。

20090909_08

モルトもすべて張り替え、ボディのへこみを修正して、全体を磨いてメンテナンス終了。あとでフィールドで使ってみましょう。

○使ってみましたので試写を追記します(2009/09/26)。

http://junkworldconn.cocolog-nifty.com/photos/gallery_nikon/jwc_test_20090926_nikomat_ftn_01.html

http://junkworldconn.cocolog-nifty.com/photos/gallery_nikon/jwc_test_20090926_nikomat_ftn_02.html

写りに特に問題はありませんが露出計が少し暴れ気味です。撮影時にあれっと思ったので巻き上げレバーを操作すると安定したので、この辺りに問題ありそうです。

| | コメント (16)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年11月 »