NIKON

2009年9月 9日 (水)

NIKON Nikomat FTN

露出計やシャッターなど基本的にはきちんと動作するのですが、モルトの劣化、ファインダーのカビ、底カバー三脚ザ付近の歪み、トップカバーの一部へこみなどがあり、扱いとしたらジャンク品となります。

20090909_01

20090909_02

20090909_03

20090909_04

20090909_05

ニコマートFTNの分解は市販の本(やさしいカメラ修理教室 大関通夫著 クラシックカメラ選書、または、やってみよう!カメラの修理&メンテナンス 大関通夫著 ジャパンホビーツール)に詳しく解説されていますので手順は割愛します。特に難しい個所はありませんが、組み立て時シャッタースピードを1/125sにセットするとか知らないと大いに悩むと思われる個所がありますので、分解前に一度最後まで読んでおいた方がよいでしょう。

ちょっと本では解説していない部分などを載せておきます。

20090909_06

(1)上画像はファインダーを構成するユニットの外枠です。分解本ではこの部分は取り出していませんが、この枠を取り出すと見えない部分のモルトを交換できるので実行しました。ファインダー内にシャッタースピードを表示するフィルムがあり、それが糸でつながりシャッターダイアルと連動しています。枠を取り出す際、下手をすると破損するか糸が切れてとっても悲しいことになりますので、細心の注意を払いながら行います。我慢できればそのままにしておきましょう。あと各ビスの下にはスペーサが入っていますので、スペーサは厚みが違うかもしれません。元の位置に復元できように場所をきちんとメモしておいきましょう。

20090909_06_1

(2)クイックリターンミラー受け部分のモルトサイズが解説本と違いがありました。解説本はミミの左右が2mmとなっていますが3mm以上必要です。朽ちたモルトを取り除く際の寸法はさらに大きく4mmほどあるようです。2mmですとマウントと同径のカーブに乗り上げてしまいます。もしかすると個体差があるかもしれませんので、貼り付ける前に確認しましょう。

20090909_06_2

(3)ミラーボックスの組み付けですが、分解本にある通りに行いますが、何度やっても前板が少し浮き上がります。仕方ないのでビス2か所を緩めに借り止めして、巻き上げレバーを取り付けてゆっくり巻き上げてみると、少し抵抗があったのち前板がしっくり収まりました。本来は必要ないかもしれませんが、うまく組み付け出来なかった場合の一つの方法かと思います。ただし部品を破損したりすることもありますから無理は禁物です。

20090909_06_3

(4)分解本では部品の傷を避けるためセルフタイマーを外さないで作業するため、張り皮を全てはがさずビスの部分が見えるだけめくっています。私は張り皮の汚れを綺麗に落としたいと思ったので上画像に書いてある通り、切れ込みを入れて張り皮をすべてはがし、洗剤に潰て綺麗に張りなおしました。

以上4点です。

あと参考に少し画像を貼り付けておきます。部品の位置や配線の参考です

20090909_07

(1)ファインダーブロックを分解したものです。左下がスクリーンで、中央下がシャッタースピード表示窓、右下がコンデンサーレンズです。左上の枠にスクリーン、シャッタースピード表示窓、コンデンサーレンズの順で入ります。

20090909_07_1

(2)ユニットを組み込んだところです。ビス3本で固定されますが、それぞれ下にスペーサが入っています。それから上の左右のビスは緩く借り止めとしておきます。

20090909_07_2

(3)ボディのフレームです。シャッターユニットを外すとこれだけになります。カビやモルトカスがある場合は清掃しておきましょう。

20090909_07_3

(4)シャッターユニットです。EOSのシャッターと違いゴムダンパーはありませんので、シャッター幕が汚れてなければ、このままにしておきましょう。画像左の機械部分は触らない方が無難でしょう。

20090909_07_4

(5)シャッターユニットを取り付け、巻き上げ基板を取り付けます。

20090909_07_5

(6)巻き上げ基板を取り付けつ際、上画像の右側にある部品が画像のようになっていないといけません。

20090909_07_6

(7)配線の参考です。個体差があるかも知れませんので、分解時にメモをとっておきましょう。

20090909_07_7

(8)X接点は青、M接点は茶のリード線です。それからアイピース上の基板の配線です。分解時、矢印のリード線を外します。

こんなところでしょうか。

20090909_08

モルトもすべて張り替え、ボディのへこみを修正して、全体を磨いてメンテナンス終了。あとでフィールドで使ってみましょう。

○使ってみましたので試写を追記します(2009/09/26)。

http://junkworldconn.cocolog-nifty.com/photos/gallery_nikon/jwc_test_20090926_nikomat_ftn_01.html

http://junkworldconn.cocolog-nifty.com/photos/gallery_nikon/jwc_test_20090926_nikomat_ftn_02.html

写りに特に問題はありませんが露出計が少し暴れ気味です。撮影時にあれっと思ったので巻き上げレバーを操作すると安定したので、この辺りに問題ありそうです。

| | コメント (16)

2008年11月 8日 (土)

NIKON N.K.J. NIKKOR-H Auto 50mmF2

ニコンの1960年代の標準レンズ。入手時かなりのジャンク度。絞りはまったく動かず、ピントリングも途中までしか回転せず、落下によると思われる打ち傷などが多く、正直使い物にならない代物でしたが、レンズはカビなく綺麗なので機械的な不具合を解決すればなんとかなるかもと思い拾ってきました。

20081108_01

上画像は修理完了後のものです。外観の汚れも(まっくろ状態だった:汗)綺麗に落としてあげました。兄弟のレンズと記念にならべてみました。

さて修理ですが分解行程は折り返しから画像にしました。行きは原因を探りながらでしたので画像はありません。分解の参考になさる場合は最後からご覧になってくださいね(笑)。

20081108_02

絞りが動かないのは絞りリングにある「連動ビス」が欠落して居たためかと思ったのですが、分解してみるとそうではないことが分かりました。上画像はマウントを分離したところですが、そうすると筒の内側にある絞り連動リングが外せるようになります。これがとっても硬くて、かなりの力を入れないと動きません。原因は2つ。古いグリスの固着と落下による筒の歪み。やっとのことで外して古いグリスをすべて除去。モリブデングリスを塗って再組み込み。回転にムラがありますがなんとか動くようです。筒の歪みは直せませんのでこれで良しとします。

20081108_03

ピントリングのベースの部分をねじ込みます。分解時に外れる位置をケガキしておきましたので、そこから捻じ込みます。もともとあったケガキ線がありますがそれは無視です。あくまでも自分で付けた印です(この個体の場合もともとのケガキ位置はまったく参考になりませんでした)。ちなみにピントリングが回らなかったのは、このリングのグリス固着のためでしたので、古いグリスはすべて除去してグリスアップしてスムーズに動くようになりました。

20081108_04

内側のリングをねじ込みます。これはレンズユニットの入る筒です。これも分解時にケガキしておいた位置からねじ込みます。

20081108_05

ガイドキーを取り付けます。プラスチックの部品ですが摩耗はないですね。もともとグリスが少し塗ってありました。

20081108_06

キーにガイドを取り付けました。取り付けるのは内側のレンズユニットが入る筒です。それぞれ穴の位置を参考にしてください。

20081108_07

絞りリングを取り付けます。連動ビスは市販の精密ビスを使い先端を少し細く削りました。このビスの先が本体側のキーに入る格好になります。

20081108_08

絞りリングはきつくなる根本までねじ込んでから1回転くらい戻した状態でビスを取り付けます。根本までねじ込んだ状態で連動ビスを取り付けると絞りリングが動かなくなります。

20081108_09

レンズユニットを筒に取り付けます。内側にキーが2つありますので、それぞれに合わせて差し込みます。幅の広いキーは絞り込みレバーの連動キーですが、そのまま差し込んだのではしっくりはまりません。絞りリングを最少のF16に合わせ、レンズユニットの絞りも最少絞りの位置、そして差し込みながらマウント側の絞り連動レバーを上に動かすとすんなり入ります。

20081108_10

入るとこんな感じですね。外周のビスを取り付けます。

20081108_11

ヘリコイドのベースにストッパーを取り付けます。

20081108_12

ピントリングを取り付けます。

20081108_13

フィルター枠を取り付けます。最短撮影距離にしておき上画像のイモネジで固定します。

20081108_14

最後にレンズの銘板を取り付けて完成です。ボディに取り付けて動作確認。まったく問題ないですね。とりあえず無限も出ているようなのでこれで使えます。あとで使ってみましょう。試写結果はまた後日ということで。

○追記の試写です(2008/11/13)。

http://junkworldconn.cocolog-nifty.com/photos/gallery_nikon/jwc_test_20081113_nikkor_h_50f2_01.html

http://junkworldconn.cocolog-nifty.com/photos/gallery_nikon/jwc_test_20081113_nikkor_h_50f2_02.html

http://junkworldconn.cocolog-nifty.com/photos/gallery_nikon/jwc_test_20081113_nikkor_h_50f2_03.html

http://junkworldconn.cocolog-nifty.com/photos/gallery_nikon/jwc_test_20081113_nikkor_h_50f2_04.html

http://junkworldconn.cocolog-nifty.com/photos/gallery_nikon/jwc_test_20081113_nikkor_h_50f2_05.html

全てキヤノンのデジタル一眼での撮影です。RAWで撮って現像時にコントラストなど調整して加工しています。

| | コメント (0)

2008年9月22日 (月)

NIKON FM10

ニコンFM10。まだ現行機種だったんですね。がんばって販売を続けて欲しいものです。まあこのFM10はニコンというより別のメーカー製という色合いが濃く、今まで発売されたMF一眼レフでは姉妹機のFE10と並んでニコンらしくありません。

20080922_01

一見綺麗そうなのですが、ボディグリップ部がベトベトです。表面のゴム皮膜が溶け出し手に持つと気持ち悪くこれでは写真を撮る気になりません。

20080922_02

裏蓋もご覧の通り。表面が剥がれて消しゴムのカスのようにポロポロと剥がれ落ちます。アイピースも表面のコーティングが剥がれています。こんなに弱いものなのでしょうか。

20080922_03

右手グリップ部です。べとつきで埃が多く付着しています。まあハエ取り紙よりはマシでしょうけど(笑)。F3より採用された(と思う)ニコン象徴の赤ラインも剥がれてます。

20080922_04

左手も同様ですね。縦位置に構えたとき左手の人差し指でホールドしますが、やっぱり気持ち悪いです。

ではこれらのベトつきを除去して写真を撮りたくなるようなFM10にしましょう。

20080922_05

裏蓋を外すために底板を外します。ビス4本を外すとこのように底板が取り外せます。とりあえず電池蓋も外しておきましょう。上画像ではビスをセロハンテープで止めています。適当な空きケースが無かったのでこのようにしました。

20080922_06

裏蓋のヒンジ部分。上画像のように竹串などを使って軸を抜きます。それほど力は必要ありませんがゆっくり慎重にやりましょう。なおシャッター部は厚紙やプラ板で保護して作業中に膜を傷めないように気をつけましょう。

20080922_07

軸が抜け裏蓋が分離できました。この軸は上側が面取りしてあります。恐らく差し込みし易いようにかと思います。

20080922_08

グリップ部分を剥がします。セルフタイマー、絞り込みレバー、そして画像にはありませんがストラップの吊り金具、これを外さないとグリップが剥がせません。それからグリップは非常に強力な両面テープで貼り付いてますので、グリップを割らないように慎重に捲り揚げましょう。捲るのはボディ側面からがよいと思います。

私はここでちょっと失敗1点。外す部品の吊り金具。外し忘れて捲ったら吊り金具の入る穴部分に割れが入ってしまいました。接着剤とパテで固定し仕上げたので目立たなくなりましたが迂闊でした。それから失敗ではないのですが、恐らくこれは消耗品と思うのですが、セルフタイマーの飾りカバーです。これを剥がす際にこのカバーに傷がどうしても入ってしまいます。メーカーでメンテナンスする場合は多分カバーは新しいものに交換するのだと思います。なので失敗とは思っていませんが、う~んどうでしょうか。

20080922_10

20080922_11

さて塗装し直したグリップです。まずまず綺麗に仕上がりました。EOS5のグリップの時に使ったラバースプレーで対処しています。今回は下地処理をしましたが実際使ってみないと強度はわかりませんが、まあそう思って丁寧に使ってみましょう。赤のラインはエナメルの赤塗装で筆塗りです。ちょいとデコボコしてますけどまあそれほど見苦しくないので良しとします。それからセルフタイマーの飾りカバーですね。これはボディ張り皮を貼り付けました。ちなみに6mmです。

20080922_09

裏蓋です。綺麗になったでしょ・・・と言いたいところですが、塗装中にラバースプレーが空になってしまい中途半端な状態で仕上がっていません。そんな訳けでリコーのXRー8 SUPERから拝借して取り付けました。XR-8は裏蓋交換式。無加工でFM10に取り付けられます。ただ逆は駄目なんですね。FM10からXR-8には取り付けできません。デート接点部分の処理が若干違うので残念ながら蓋が閉まりません。

ファインダーアイピースのコーティングですが、クルーニング液で拭いたらどんどんコーティングが落ちていきます。なんだかなぁ~。まあ撮れる絵には影響ないので全てコーティングを剥がして良しとします。

20080922_13

裏蓋は仕上がってませんが一応これで完成とします。薄型の50mmF1.8を装着してみました。なかなかコンパクトでマッチしています。FM系統らしく?ファインダー表示は+○-表示。シャッタースピードも絞り値もファインダー内で確認できませんが、露出の勉強には良いボディです。お安く学生さんにお勧めのカメラです。

| | コメント (0)

2008年9月 8日 (月)

NIKON N.K.J. NIKKOR-P Auto 10.5cmF2.5

外観擦り傷多く、前玉は綺麗なものの中玉を観察すると水滴状の白い汚れがポツポツ多くみられます。ピントリングのビスも辛うじて残っている1本のみで支えている状態でグラグラしています。後玉もヘアライン状の擦れもあり、さらに絞り羽根に油浮きがあり動作が干満です。

20080908_01_2

N.K.J. NIKKOR-P Auto 10.5cmF2.5。1960年代、ニコンFの時代のレンズ。金属筒の重厚な作り。なんとか使えるレベルにしようと思います。

20080908_02_3

20080908_03_3

20080908_04_2

20080908_05_2

このレンズを使う上での問題は二つ。絞りの不具合とピントリングのビス欠落です。絞りの不具合は撮影結果にモロに響きますし、ビスの欠落はこのまま使っていて最後の1本まで無くなってしまうと、ピント操作が出来ず撮影断念となってしまい、まさに致命的です。精神的には中玉の汚れなんですけど、ボディにつけてファインダーを覗く限り、拭かなくても問題なさそうです。では分解です(一応分解前に外観など出来るところは全て清掃しておきます)。

20080908_06_2

まず、ピントリングから外します。通常3点止めなのですが、2本欠落のため1本しかありません。その貴重な1本を外し、スカロップのピントリングを外します。リングの内側には砂埃など油に混じって張り付いて汚れてますので掃除して綺麗にしておきます。

20080908_07_2

フィルターリングを外します。上画像の矢印部分に小さなビスがあります。これで固定されていますので、外して確保しておきます。緩めるだけではネジ山を傷つける恐れがあるので外すのがベターです。組み立てるときは本体側(丸印部分)の穴に合わせてねじ込みます。

20080908_08_2

前玉側の枠をゴムを当てて(ゴム手袋が良いです)手で持ってねじるとユニットが緩んで外せます。絞りの手前の面がこれで掃除できます。

20080908_09_3

肝心の水滴状の白いポツポツ汚れですが、てっきり絞りの前の面かと思っていたらその内側の面でした。この部分は貼り合わせのようなのでお掃除は難しそう。塗装を落として合わせ部分を確認すれば良いのですけど、無理に実行してどうにもならなくなっては修理としては失敗ですので、それほど撮れる絵には影響なさそうなことから、汚れ落としは断念し絞りの不具合に移ります。

20080908_10_2

さて絞りはどっちからアクセスするのか?。とりあえずマウント側から見てみます。後玉の保護と遮光のためのカバーがあります。これを外してみます。しかし中を覗いてみてもカニ目リングなど外せるものがありません。絞りリングもビス1本ありますが、どうやらこのビスは位置決めピンのようです(違うかな?)。

20080908_11_2

やっぱり前側からアクセスかな?ヘリコイドを無限遠から近距離側に少し回してみます。無限遠のときに少し見えていた筒部分のビスが完全に現れました。このビス3本を外すと上画像のようにごっそりユニットが取り出せました。

20080908_12_2

後玉ユニットを分離します。ねじると簡単に回って外せました。これでユニットに残ったのは絞りと動きを制御する機構部分だけですので、このままベンジンのプールに浸して油を除去。ベンジンを乾燥させて動作を確認。スムーズに動くようになりました。

あとは逆順に組み立てて完成です。組み立て時のプチ注意点1点だけ。絞りユニットを組み込む際には、2ヶ所ある突起部分(絞り連動機構)を受け側のキーに合うように差し込むこと。ゆっくり丁寧にやればそう時間は掛かりません。組み込んだらレバーを動かしてきちんと絞りが動作するか確認しておきます。あとは難しいところはありません。あっと忘れてました。欠落していたビス。同じピッチで同じくらいの長さのが1本しかなかったのでとりあえずそれを取り付けておきました。後で買って付けておきましょう。

20080908_13_2

入手時、金属の立派なフードが付属していました。「F」の部分が普通のタイプです。取り付けはスプリング式(HSタイプでしょうか?)ですね。傷も多いのでよく使われたのかと思います。

掃除したレンズで試写して来ました。デジタル一眼(キヤノンEOS)と銀塩ボディ(ニコンF)を使用しました。デジタルの絵をギャラリーにUPしておきますので参考までにご覧下さい。DPPとフォトショップで少々いじってますが、なかなか良い仕上がりになっていると思います。

http://junkworldconn.cocolog-nifty.com/photos/gallery_nikon/jwc_test_20080908_nokkor_p_105_01.html

http://junkworldconn.cocolog-nifty.com/photos/gallery_nikon/jwc_test_20080908_nokkor_p_105_02.html

http://junkworldconn.cocolog-nifty.com/photos/gallery_nikon/jwc_test_20080908_nokkor_p_105_03.html

| | コメント (0)

2007年12月20日 (木)

NIKON SERIES E Zoom 70-210mmF4

ニコンのシリーズE。70-210mmの開放F4はお安いコストダウンシリーズとは言え、ニコンの気合の表れ?でもあるかも・・・とトークダウン(笑)。

20071220_01

さて本レンズの症状はやはりお決まりの「カビ」。まあそれほどひどくはなく、絞り前後の面、前玉裏にポツポツとある程度で、実際の写りには影響ないものと思われますが、やはり見ると目立ちますので、開けてクリーニングすることにしました。

20071220_02

前玉側からです。上画像はクリーニング後。幾つかチリが見えますが、まあまあ綺麗になったでしょ。

20071220_03

前玉ユニットは1箇所の芋ネジで固定されています。これを緩めて前玉ユニットを廻して外します。芋ネジは緩み止めされてますので、アルコールなどで溶かしてから緩めます。私は緩め方が弱くて、前玉ユニットを廻す時にゴリゴリしちゃいましたが、芋ネジ自体を外しても良いかも知れません。尚、前玉ユニットを外しても無限遠の調整は不要です。組み立て時、前玉ユニットを根元までねじ込んであげればOK。なはず。一応ボディに付けて遠方の風景にあわせ確認しましたが問題ないようです。

20071220_04

裏側です。細かいチリのようなカビがあります。クリーニングしておきましょう。

20071220_05

中玉ユニット(2群目)です。比較的綺麗でカビは見受けられませんでしたが、拭きムラがありました。

20071220_06

一応拭いてみたら、まあ少し綺麗になったような気がします。だったら拭かなくてよかったかなぁ。

20071220_07

絞りの手前のユニット(3群目)です。画像では綺麗に見えますが、小さいながらも比較的目立つカビがあります。

20071220_08

外してクリーニングしておきましょう。上画像ですり割りが2つありますが、外すときは外側のすり割りに工具を入れて外します。ちょっと深い位置にユニットがありますので、慎重に作業しないと、レンズを傷つける危険があります。

20071220_09

絞りの後側のレンズ面が見えます。ここにもカビが繁殖してましたのでクリーニングです。後玉関係のレンズにカビは見られないので、ここで折り返し。元通りに組み立て完了です。

20071220_10

取り出したレンズで記念撮影。右から1群目、2群目、3群目。これらを取り出すのに特に難しい所はありませんでした。兼価レンズですから製造も簡単でないとコストダウンにならないでしょうから、そういう意味で私のような分解をする人間にとって、嬉しいレンズです。

| | コメント (0)