RICOH

2008年9月17日 (水)

RICOH AUTO HALF SE2

リコーオートハーフSE2を入手。裏蓋をみると何かの記念品らしく○○社という名が入っていました。

20080917_01

外観やレンズはそこそこ綺麗なのですが、ファインダーにカビと少々のクモリがあり、裏蓋を開けるとお決まりのモルト劣化ですごい状態です。

20080917_02

「これでもか」というくらいモルトが貼ってあるのですが、そんなに必要なものなのでしょうかね。しかし画像では伝えられないのですが、カビのような独特の匂いが強いです。

20080917_03

とりあえずファインダーのお掃除のために前カバーを外します。特に難しくはないのですが、隠れてる場所にビスがあるので、それを見つけるのがポイントでしょうか。シューカバー下の3本と三脚ネジ穴の中に1本ビスがあります。まあこの程度でしたらすぐに見つかるでしょう。あとレリーズボタンを確保するのと配線に注意することですね。

20080917_04

ファインダーブロックを外します。ビス2本で固定されています。

20080917_05

上画像のようにファインダーブロックのカバーを外すと中がお掃除できます。ビスが1本あります。カバーは部分的にボンドでも固定されていますので、ゆっくり慎重に捲ります。

20080917_06

裏蓋を外して付着したモルトを全て取り除きます。裏蓋はモルトでさび付いていたので、上画像のように耐水ペーパーで擦って綺麗に取り除きました。圧板は簡単に外れますので作業前に外しておきます。尚、この時点であのカビ臭さは無くなりました(嬉)。

20080917_07

つや消し黒でスプレーして仕上げておきます。お天気のよいときに塗装します。

20080917_08

裏蓋に貼るモルトですが、紙などを使ってどのような形になるか試しに作っておきます。こうすると失敗なく出来ると思います。正確な寸法はノギスなどで計っておきましょう。

20080917_09

綺麗に(でもありませんが:笑)貼り直したモルトです。大体こんなところでしょうかね。まあこれでオッケーかは写真撮ってみないと分かりません。

20080917_10

一応完成したオートハーフSE2です。テスト用のフイルムで一通り動作確認しました。ゼンマイ巻き上げOK。シャッターも絞りもきちんと動作。ファインダーの中の露出警告マークも出ます。セレンは生きている様子。また後でテスト撮影してきましょう。

○追記:テスト撮影です。オートによる露出はネガの濃度を見る限り問題ありません。それよりもシャープ感があり、とても良いレンズだと思います。

http://junkworldconn.cocolog-nifty.com/photos/gallery_ricoh/jwc_test_20080925_ricoh_se2_01.html

http://junkworldconn.cocolog-nifty.com/photos/gallery_ricoh/jwc_test_20080925_ricoh_se2_02.html

| | コメント (0)